みずほ銀行に出現した張り紙、衝撃の内容に目を疑う 「規模がバグってる」と話題に…

とあるみずほ銀行の支店が、移転を発表。張り紙の内容を受けて「移転ってレベルじゃねーぞ」と驚きの声が相次いでいる。

2023/08/03 04:45


出身の都道府県が同じ人物には親近感が湧くものだが、ひとことに「同じ県」と言ってもその範囲は非常に広い。広大な面積を有する県ともなると、もはや「同郷」ではなく「別の県」の人、と感じてしまうケースも少なくないだろう。

ツイッター(現・X)上では、日本最大の都道府県・北海道のスケールの大きさを感じさせる「衝撃の張り紙」が話題となっているのだ。

【関連記事】稚内に出現したローソン、最寄り店舗の距離に耳を疑う… 市民は「もうこれ革命だろ」


画像をもっと見る

 


 

■単なる「移転の張り紙」だが…?

今回注目したいのは、デザイナー・あべっちチューブさんが投稿した1件のツイート。

こちらの投稿には、シャッターが下りた自動ドアに貼られた張り紙の写真が添えられ、張り紙には「函館支店は、2023年3月13日(月)に札幌支店内に移転いたします」と、みずほ銀行 函館支店からのお知らせが記されている。

みずほ銀行

一見すると何の変哲もない「移転」の張り紙なのだが、ツイート本文には「みずほ銀行函館支店の移転先が札幌、やばすぎ」と、驚いた様子で綴られているではないか。


関連記事:ゴールデンウィーク前に絶対やっておかなければいけないこと 最大9連休の中で絶体絶命になる可能性も…

 

 

■「移転ってレベルじゃない」

いくら北海道が広いとはいえ「移転」なのだから、そう遠くはないのでは…? と感じた人もいることだろう。しかし、旧・函館支店と移転先の札幌支店の距離間をGoogle Mapで確認したところ、なんと両支店間は約300km離れており、車で4時間もかかることが判明したのだ。

北海道

こちらのツイートは投稿から数日で3,000件近くものRTを記録し、「もう移転ってレベルじゃないだろ」「さすが北海道、スケールが違う…」「フェリーに乗って津軽海峡越えて、青森行った方が早そう」「この規模感はバグでしょ」などなど、多数のツッコミが寄せられている。

ツイート投稿主・あべっちチューブさんは友人との待ち合わせの際、函館のホテル周辺を散策していた折にこちらの張り紙を発見し、衝撃を受けて思わず写真を撮ってしまったそう。

そこで今回は、ことの経緯を確認すべく「株式会社みずほ銀行」に詳しい話を聞いてみることに…。


関連記事:個室トイレで謎の行動とる男性、不審者と思いきや… 「これは絶対やる」と共感の嵐

 

 

■移転後のアフターフォローも万全

まずは移転の背景について、みずほ銀行 広報室に尋ねたところ、担当者は「近年のデジタル化の進展や経済・社会の変化を踏まえ、日常取引は時間や場所を問わない利便性の高いサービスへのニーズが高まっているなど、お客さまのニーズや行動の変化を踏まえてみずほでは、最適なネットワークのあり方について継続的に検討を行なっております」と前置き。

みずほ銀行

続けて「函館支店につきましては、再開発で立ち退きが必要という固有の事情があった中で、様々な取り得る選択肢の中から、函館支店のお客さまのご利用状況などを考慮し、また北海道全体で見た場合に、道内の最寄店舗である札幌支店が、法人・個人それぞれのお客さまのニーズに対応するための信託・証券を含む様々な経営資源を有することも踏まえ、札幌支店内に移転することが最良の選択との判断をいたしました」と、事情を説明してくれたのだ。

もちろん、同行では親身なアフターフォローにも努めており、担当者は「移転後も引き続き、函館支店跡地近隣に設置したATM・通帳繰越機のご利用や、インターネットバンキング、電話でのお取引などをご利用頂けるよう、移転までの間、ご来店されるお客さまなどに丁寧にご案内してまいりました」と、その内容を語る。

函館市内には、函館支店跡地の近隣にある複合施設「キラリス函館」内のみずほ銀行ATMのほか、イオン・みずほ共同利用ATMが8カ所設置されているそうだ。

加えてテレビ電話も設置しており、広報室の担当者は「お客さまのお取引上必要な場合には、リモートでのご面談も対応可能としています」と、詳細を語ってくれた。


関連記事:花粉症に苦しむ店、張り紙に謎の修正が… 追記6文字の正体が「最高すぎる」と話題

 

 

■函館支店の「歴史」に驚き…

「銀行の移転」と聞くと不便でマイナスなイメージを連想してしまうが、みずほ銀行の函館支店が、過去長きに渡って地元に多大なる貢献を続けてきた事実を、改めて強調しておきたい。

同支店はみずほ銀行の前身のひとつで、後の「富士銀行」となる「第三国立銀行」が、1887年(明治20年)に函館に出店した支店がルーツ。つまり、函館に出店して135年の間、(近時では)道南唯一のメガバンクの営業拠点として、地元の老舗企業などとの取引により、函館の経済を下支えしてきたのだ。

今回の移転にあたり、同行からは「函館支店のお客さまにはご迷惑をおかけしますが、お客さまとのお取引内容に応じ、ネットチャネルの活用などにより丁寧に対応してまいります。また、みずほ全体ではお客さまのニーズにお応えする最適なネットワークの構築に、引き続き努めてまいります」とのコメントが寄せられている。

「函館」で調べると、美味しそうなものしか出ません!【Amazon】

次ページ
■北海道を知らないとピンと来ない?
ツイッター北海道札幌話題銀行函館移転メガバンクみずほ銀行
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ