ヤクルト真中監督もビックリ!ミスした時の笑える言い訳5選


謝罪

©ぱくたそ

11月のプロ野球ドラフト会議で、ヤクルトの真中満監督がハズレくじを当たりと勘違いし、高々と両手を挙げガッツポーズするなどして喜びを爆発させてしまうという珍事が発生。

結局、阪神金本監督の引いたくじが当たりで、真中監督はバツの悪そうな顔で席に座り、新聞やネットでネタに。

しかし、同監督は12月にそのミスが「面白い」と評価され、「ゆうもあ大賞」を受賞。表彰式で「少しは救われた」と発言し、笑いを誘った。

真中監督のミスは未来永劫語り継がれるだろうが、その無邪気な様子がユーモアと判断されたようだ。それでは、一般人はどのように返せば「ユーモア」と取ってもらえるのだろうか。

 

■ミスをユーモアで返して許してもらった人は4割

まず、しらべぇ編集部ではアンケートサイト「マインドソナー」にて、「ミスをユーモアで返し許して貰ったことがある人」がどのくらいいるのかを調べてみた。

ゆ

その結果、43%の人が経験があると回答。内容にもよるだろうが、案外多くの人がユーモアで返して許してもらえていることが判明した。

 

 ■実際にどのような返しをしているの?

それでは実際にどのような返しで笑って許してもらっているのだろうか。意見を聞いてみた。

「ウイルスに感染したせいで会社のパソコンが立ち上がらなくなってしまった。とりあえず、『これは困りましたね…困りましたね…コマネチましたね』と言ってコマネチの真似をしたら、たけしの大ファンだったらしく、部長だけは笑って許してくれた」 (30代男性)

 

「データを上書き保存せずに誤って閉じてしまった。とっさに『手が勝手に動いたんです!手のせいで僕のせいじゃありません』と言ったら苦笑いされたけど許してもらえた」(20代男性)

 

「会社に遅刻をしてしまったので『すみません、路線バスが道を間違えたんです』と言ったら何も言われなかった。たぶん許してもらえたんだと思う」(20代女性)

 

「浮気がバレてしまったので、素直に認めて『許してチョリソー』と言ったら許してもらえた。でも浮気は継続中」(20代男性)

 

「ガンダム好きの上司との待ち合わせに遅れたので『若さ故の過ちをしてしまいました』と言ってみたら笑ってくれた。でも怒られた」(20代男性)

 

信じられないような話が多いが、許してもらえることもあるようだ。ミスをユーモアで返し、笑ってもらえれば良いのだが、逆に怒りの炎に油を注ぐ可能性もある。リスクが高いだけに、言う前に考えたほうがいいかも…?

(文/しらべえ編集部・佐藤 俊治