しらべぇ

家系童貞必見!マニアが教える「家系ラーメン巡りの始め方」

グルメ

1月6日に、伝説の家系ラーメン店『桂家』が復活。2017年は、家系ラーメンの大ブームが来そうな予感がモリモリしてくる。

すでにチェーン店が家系っぽいラーメン店を多数作っているが、きっと「まだ家系ラーメンを食べたことないよ!」という人も多いだろう。

そんな2017年は家系童貞を脱出したい人たちのために、家系ラーメンマニアである記者が「家系ラーメンの食べ方と店の選び方」をお教えしよう。

 

①家系ラーメンは『神域の店』と『美味しい店』のみ

まず声を大にして言いたいのが、家系ラーメンには『神域の店』と『美味しい店』しか存在しないということ。

よくある大量に増えている家系ラーメンもどきの店は、似ているのかもしれないが決して家系ラーメンとして認められないクオリティ。

家系ラーメンにはさまざまな系列があるのだが、それは難しいしとくに気にすることもないので気にしなくていい。ただ、家系モドキを食べて家系ラーメンを食べた気にはならないでほしい。

 

②わざわざ横浜に行かなくていい

最初から神域の店へ足を運んでもいいが、もし家や職場から遠い場合は美味しい家系ラーメンを提供するチェーン店へ行こう。

最初にやりがちなミスは横浜の家系ラーメン店へ行く事で、正直な話横浜の家系ラーメン店と同レベルかそれ以上のクオリティの店は他の場所にも山ほどある。まずは行きやすい所に行ってほしい。

P1080291

記者のおススメは千葉県柏市に本店のある『王道家』系列。ここはリーズナブルで美味しい家系ラーメンを食べられるので、家系童貞にはもってこいの店。

P1080283

特徴としては家系ラーメンで定番のニンニクやショウガなどのトッピングが豊富にあるため「俺好みの味」にラーメンを調整できるところもポイントのひとつだ。

P1080288

まずは王道家のような普通に美味しい家系ラーメンをトッピングを使い好みの味に仕上げ、家系ラーメンへの熱意を高めるべし。

 

③『行列のできない神域の店』を攻めよう

普通に美味しい店で家系熱を高めたら、次に攻めたいのは比較的行きやすい『行列のできない神域の店』へ行ってみよう。

IMG_3876

神域なのに行列ができない店は家系ラーメン店だと意外と多く、特にお勧めなのが西武池袋線江古田駅からほど近い『五十三家』。

こちらの店は近隣の学生に超愛されており、ラーメン1杯650円でガス釜で炊いた美味しいご飯食べ放題という超絶コスパを誇る店。

さらに麺の半玉(50円引き)のサービスなども行っており、女性や子供でも安心して食べられる。デートでも家族でも使える万能さは、他店では絶対マネできないだろう。

IMG_3884

味は非常に丁寧に作られた事がひと口で分かるほどで、家系ラーメンなのにパンチよりも優しさを感じるしみじみとした、毎日食べても飽きのこない美味さだ。

 

④最後は『都内家系ラーメン最強店』へ

P1060056

神域の店を巡ったら、最後はぜひ『都内家系ラーメン最強店』と名高い桂家へ行ってほしい。

P1060045

北斗の拳に例えると五十三家がトキ、桂家がラオウと言われるほど味のパンチ力は想像を絶する程で、桂家のラーメンを週1で食べないと禁断症状が出るマニアも多いと言われている。

桂家のラーメンを食べたら、きっと自称家系ラーメンマニアになっていることだろう。ぜひ家系ラーメンの世界にドップリとはまってほしいと思う。

・あわせて読みたい→駅の電光表示板に「喜多方ラーメン」の表示! 原因は端末の古さ?

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

関連記事

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集