清水富美加が告白本を緊急出版 アカウント名も「千眼美子」に


清水富美加

(画像はTwitterのスクリーンショット)

「幸福の科学への出家」騒動が世間を賑わわせている女優・清水富美加。16日深夜にツイッターを更新し、『全部、言っちゃうね。』と題した告白本を17日に出版することを明らかにした。

 

■ツイッターアカウント名も変更

ツイートに「改めて千眼美子として生きてゆく宣言」とあるように、表紙には自筆で「千眼美子」の署名が。

また、同じく手書きで「死にたかった7年、死ななかった7年」とも記されており、芸能生活における心理的負担や葛藤などが綴られているものと思われる。

11日に「清水富美加(本名)」という名前で開設されたツイッターアカウントは、「千眼美子(本名・清水富美加)」と変更された。

なおこのアカウントのフォロワー数は、17日未明までに37万を超えているが、「本の宣伝だったのか」「(出版する)幸福の科学の利益になってしまうのに」といった批判的なコメントが目立つ。

 

■「霊言」や書籍を次々と

3日には大川隆法氏の著作として、『女優・清水富美加の可能性〜守護霊インタビュー〜』が出版。15日には、清水が所属している事務所社長の「守護霊インタビュー」も公開している幸福の科学。

あまりに矢継ぎ早な動きだが、中でもとくに今回の本は題名のとおりどこまで「暴露」するのか、大きな注目を集めることが予想される。

・合わせて読みたい→伊集院光、清水富美加の出家騒動に「気持ち悪い」 その理由に賞賛の声

(文/しらべぇ編集部・あくむちゃん