もうすぐ4月1日!嘘を楽しむのは関西勢よりなぜか千葉県人

ライフ

2017/03/30 06:30

(udra/iStock/Thinkstock)
(udra/iStock/Thinkstock)

間もなくやってくる4月1日は、エイプリルフール。今から「どんな嘘をつこうか?」と考えたり、仕込んだりしている人もいるのでは。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,332名を対象に「エイプリルフールに嘘をついたことがある」人の割合を調査した。


 

■千葉県人が関西勢を上回る

全体では36.1%が「エイプリルフールに嘘をついたことがある」と回答。男女別で見ると男性は35.4%、女性は36.8%とあまり差はない。

ただし、性別・年代別で比較してみると

201703300630_01

20代女性の50.4%と60代男性の44.8%が突出。エイプリルフールに騙されたくない人は、若い女性と還暦超えのオジさんには、特に注意が必要そうだ。

都道府県別では、ボケとツッコミがお約束、気の利いた嘘を放って笑いを取るであろう大阪人がトップを取るかと思いきや

201703300630_02

なぜか千葉県がトップの43.5%。ちなみに、隣接する埼玉県は30.3%と低めの数値。

中部地方から西側を見ると愛知県が21.3%、福岡県が20.0%と少なく、大阪府42.1%と兵庫県42.9%が上位に入った。


 

■定番に騙された人がいて…

エイプリルフールにまつわる、エピソードを聞いてみた。

「20代半ばくらいまでは毎年『結婚します!』とか言っていましたが、彼女がリアルに結婚を意識し始めると、それは言えなくなりました。でも、それから数年経って、本当に結婚すると決めたのを周りに報告した時に、何人かから『今日はエイプリルフールじゃないぞ』とツッコまれて…“やっぱり、そうくるか”という感じでしたね」(30代・男性)

独身の定番ともいえる「結婚します!」は、すでに本気にされない領域に入っていると思われるのだが…。


「定番の『私、結婚することになりました』を友達にメールしたら、悠々自適な専業主婦ライフで日付感覚がない人がいて…本気で『おめでとう!』返信が来ました。それを見て“痛いな、私…”って気持ちになって、二度とやるまいと決意。毎年そのことを思い出して、落ち込んでいます」(40代・女性)

痛い…それは確かに、痛すぎる。定番ではあるが、独身が長引く人こそ「定番からの卒業」を決断することも必要そうだ。


「広報の仕事をしているのですが、4月1日って新年度初日だから、いろいろ発表することが多いんですよ。でも『エイプリルフールに発表して、嘘だと思われないか』『こんな大事なことを、よりによってエイプリルフールに発表しなくてもいいのでは』とか言い出す人がいて、正直面倒くさいです。
大手企業で、例年のように大規模なネタ企画とかやる会社ならともかく、うちは規模も小さいし、そもそもそんな洒落の利いた企画なんてやったことないんだから…。今年は4月1日が土曜日なんで、そういうのが避けられそうだからホッとしています」(40代・男性)

そう、今年のエイプリルフールは休日。いつもは「忙しくて、嘘つき忘れた」という人も、みんなで楽しめる嘘を考えてみるのもいいかも。

・合わせて読みたい→「エイプリルフールネタ」7割が温かい目線 ある層だけからは厳しい声が

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

あなたにオススメ