しらべぇ

帝王切開となった娘に「楽なお産」発言 母の真意を推測したコメントが深い 

話題

妊婦

(ferlistockphoto/iStock/Thinkstock)

医療技術が発達した現代でも、出産の途中で母親が命を落とす可能性はゼロとは言えず、赤ちゃんが無事に生まれて来られるという保証もない。

そして、「楽なお産はない」ということもまた同じ。双子や逆子であったり、母子の状態によって、やむを得ず帝王切開での出産となることがある。

しかし、計画的な帝王切開の場合、「陣痛」や「いきみ」を経験しないケースもあるため「楽なお産」と言われてしまうことも。この「帝王切開」をめぐって『GIRL’S TALK』のあるトピックが注目を集めている。

 

■双子を妊娠し帝王切開、母の言葉にショック

投稿者は、妊娠発覚前から「自然分娩」に憧れていたというユーナさん。しかし、病院を受診してみると、双子を妊娠していると判明し、医師から「帝王切開」での出産を告げられてしまう。

最初は葛藤があったものの、子供のためと思うと気持ちが切り替えられた。しかし、妊娠9ヶ月目の検診を終えたある日、母から「あんたは今まで苦労しないで生きてきたけど、出産も苦労せずできるのね」と言われてしまった。

この言葉に酷くショックを受けたユーナさん。妊娠中の精神的に不安定な時期でもあることから、帝王切開で出産することにモヤモヤしてしまい、思いの丈を投稿。

ユーナさんの投稿には、お母さんの発言に対するコメントが多く寄せられている。

・私も今妊娠中です。お母さん…ヒドイですね。どうして自然分娩と帝王切開を比べてアレコレ言う人が多いんでしょう。どっちも命かけの出産には変わりないのに。お腹を切るんですもん、楽なわけがないです!

 

・えぇー、お母さんヒドイ。これがお嫁さんに言ったなら疎遠にされるレベルだと思いますよー。ヒドすぎる。

 

・私は60時間陣痛のあと帝王切開でした。私は全くモヤモヤしてませんし、私の周りの人は昔の人も含め全員が大変なお産だったね。と言ってくれました。帝王切開は手術ですからね。その後の回復も遅いし、色々制限があって痛みも普通分娩よりあって大変です。

 

帝王切開の体験談も多く寄せられており、決して「楽なお産」ではないことが伺える。

 

■「お母さんの真意」を推測したコメントに「納得」

お母さんの発言に批難が殺到する中、お母さんの真意を推測したコメントも寄せられた。

「帝王切開に対する理解はやはり経験されてないと難しいとは思うけど、じつは主さんより誰より心配しているのはお母さんだとも思います。

 

だって手術ですもん。娘がお腹切るなんて出産だって楽するって発言も言葉選びは悪いけど、お母さんなりの大丈夫だよっていう励ましなのかもしれお母さんがいてくれて、きっと産後はすごく頼りになりますよ」

 

このコメントに対し、ユーナさんもお母さんが何故あの発言をしたのか、コメントと照らし合わせてみたところ「納得した」と返信している。

 

妊娠・出産は経験してみないと分からないことが多く、イメージだけで心無い言葉を言われてしまうことがある。しかし、誰もが「命がけのお産」をしていることには変りはない。

・合わせて読みたい⇒杏「第三子妊娠発表」に「双子+年子はすごい」祝福と心配の声

(文/しらべぇ編集部・もやこ 参照/GIRL’S TALK

関連記事

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集