幕張メッセに本物の戦車が! 『ニコニコ超会議2018』自衛隊ブースがド迫力

29日、30日に開催されている『ニコニコ超会議2018』の自衛隊ブースには戦車の展示が

29日、30日に幕張メッセで開催中の『ニコニコ超会議2018』。

様々なブースがあることでおなじみの『ニコ超』だが、その目玉の一つが自衛隊ブース。日本の自衛隊が出展し、毎年本物の戦車や装備が展示されていることでおなじみだ。


 

■迫力のある『12式』

まず展示されていたのが、『12式地対艦誘導弾』。国土防衛のため、地上からミサイルを発射するためのもの。

約5メートルのミサイルを積む後方部分の大きさには、思わず圧倒されてしまう。


 

■とにかくゴツい『水陸両用車』

『12式』の横にあったのは、『水陸両用車』。

地上からそのまま水中へ潜ることのできるこの車両。全重量22トンのかなりゴツい作りであるか、中でもキャタピラの大きさが印象に残った。


■自衛隊の制服を着られるブースも

今回取材した自衛隊ブースでは、陸・海・空すべての自衛隊のコスプレができるブースも設置してある。3つのブースそれぞれに列ができるほどの人だかりだ。

他にも、現役女性自衛官によるトークショーが開催されており、様々なコンテンツが盛りだくさんなブースであった。

普段なかなか見ることのできない戦車や自衛隊の制服。『ニコ超』に遊びに行ったら、一目見てみては?

・合わせて読みたい→『ニコ超』コンパニオンが美人すぎる! 企業が2日目に本気を出してきた

(取材・文/しらべぇ編集部・ヨシダ ボブ

この記事の画像(5枚)

あなたにオススメ