NYではみんな大好き「ロブスターロール」!日本初上陸も近いNo.1の味とは?

sirabee0401lobster1

ステーキ、ピザ、チーズケーキなど、ニューヨークは様々な美味しいものであふれ返っています。今回は、それらに負けず劣らずニューヨーカーから絶大な支持を得る「ロブスター」が有名な2大人気店を紹介しましょう。


 

■ロブスターを丸ごと食べられる老舗「ロブスター・プレイス」

sirabee0401lobster2
遡ること40年以上も前の1974年に誕生し、“生鮮ロブスター”販売店としてはニューヨークでナンバーワンと言われている「ロブスター・プレイス(Lobster Place)」。30を超える最新のレストランやショップがひしめき合う観光スポット「チェルシーマーケット」内に店舗を構えています。

ここにはイートインスペースが設けられており、茹でたてのロブスターをその場で食べることが可能。価格は日々変動しますが、最小サイズで2000円を超える程度です。多少値が張りますが、旅の記念として、新鮮な身がぎっしり詰まった名物ロブスターを1匹丸ごと食べてみてはいかがですか?

sirabee0401lobster3
“丸ごと”は少し敷居が高いという人にオススメなのが、新鮮なシーフードをたっぷりパンに挟んだサンドイッチ! 冒頭の写真は看板メニューとも言える「ロブスターロール」です。そして、こちらの写真はさらにお手頃な「シュリンプロール」。その他、カニやスモークサーモンなども用意されています。

こぼれんばかりに具がたっぷりで、思わずよだれが出てきてしまいそう。どちらもプリップリの食感が味わえる本格的な一品です。


 

■ニューヨークNo.1ロブスターロール「ルークス・ロブスター」!

lobster4
※画像は「Vimeo」のスクリーンショットです

ニューヨーカーはもちろんのこと、観光客にも人気が高く、あらゆるメディアが「ニューヨークNo.1ロブスターロール」と紹介するほどのお墨付き店「ルークス・ロブスター(Luke’s Lobster)」。現在では14店舗まで拡大しているため、ニューヨーク観光の際は気軽に訪れることができるのも嬉しいポイントです。

メインメニューのサンドイッチは、「ロブスター」「シュリンプ」「クラブ」の3種類。「どれも食べたい!」という欲張りな願望を叶えてくれる、3種類すべてが入った嬉しいメニュー【TASTE OF MAINE】も用意されています。

メイン州から取り寄せた新鮮なロブスターを使用しており、こちらも具が溢れんばかりのボリューム感! 魚介だけでなく、パンの焼き具合や独自の味付けにもこだわっており、食べて損はない一品と言えそうです。


■「ルークス・ロブスター」は4月ごろ日本初上陸が決定!

そして、この「ニューヨークNo.1」と言われる「ルークス・ロブスター」は、「LUKE’S」として、表参道に日本初上陸が決定しています。正式なオープン日の発表が待ち遠しいですね。

ニューヨークを訪れた際は「ロブスタープレイス」で、そして、日本では間もなくオープン予定の「LUKE’S」にて、ロブスターを思いっきり堪能してみてはいかがでしょうか?

(文/しらべぇ編集部・小林香織

あなたにオススメ