しらべぇ

「配偶者と同じ墓に入りたくない」問題が深刻…もっとも多いのは20代男性

男女

墓地

@iStock/Uko_Jesita

「もしも自分が死んだら、絶対旦那と同じ墓には入りたくない!」と、冗談交じりで言う人がいる。しかしながら、本気で配偶者と同じ墓はご免だと思っている人もいるようなのだ。

しらべぇ編集部では、全国の20代〜60代の既婚男女766名を対象に調査を実施した。

 

■「墓は別居」派は約2割

墓

配偶者と同じ墓には入りたくない?」と聞いたところ、全体では2割の人が「同じ墓は嫌だ」と回答。男女別でみると、女性のほうが別の墓を望む人が多かった。

 

■歳を重ねるほどすれ違う男女の思い

男女の年代別では、気持ちのすれ違いからか、さらに悲しい結果に…。

墓

年齢を重ねるにつれ、夫は妻と生涯一緒に居たいと思う人が増えていくが、一方の女性は夫への不満が年々高まっているようなのだ。

それにしても、20代男性はどうしたことだろう。結婚してそれほど月日が経っていないであろうこの年代で、3割もの人が妻と同じ墓に入ることを拒否している、驚愕の数値に。

 

■妻が夫とは別の墓に入りたいワケ

全体的には、妻のほうが夫と同じ墓に入りたくない割合が多かったが、その理由はなんだろうか? 生の声をご紹介しよう。

・ 夫への愛情がなくなっている

 

姑との関係性が死後も続くのが嫌

 

・ 夫側の顔も知らない先祖代々の墓に入りたくない

 

・もしも自分が死んだら、また自分の親と一緒になりたい

 

夫への不満から、実の両親と同じ墓を希望する人まで、さまざまいるようだ。生前のしがらみなどを考えてしまうと、死後のことだからといっても我慢ならないこともあるのかも。

 

■自分が入るお墓のことを考えてみよう

遺言

@iStock/Gajus

本調査でもわかったように、配偶者と同じ墓に入りたくない人が一定数いるのが現実のようだ。妻の場合、結婚したからといって、必ずしも夫と同じ墓に入ることを強要されるわけではないとか。

そのためには、自分の生前に近親者に遺言のようなものを残しておいたり、自分の墓をしっかり準備しておくなど、手段もいくつかあるようだ。

埋葬の方法もさまざまあり、夫の実家と自分の実家の墓それぞれに分骨をするという手や、粉末化した遺骨を海上や山林に撒く「散骨」などの自然葬を望む人もいるらしい。

誰でもいつかは、墓に入る日が訪れる。真剣に考えるべきテーマだろう。

・合わせて読みたい→ウソ?!こんなにドッサリ…掃除してるつもりでもゴミが残りまくってる?

(文/しらべぇ編集部・chan-rie
qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年10月23日~2015年10月26日
対象:全国20代~60代の既婚男女計766名

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集