【純情と仁義】二重人格者が少ない県民性を意外な調査が浮き彫りに!?

仮面

©iStock.com/kvap

クレジットカードの利用では、毎月、送られてくる明細書のチェックが欠かせない。身に覚えがない請求の有無を確認することで、不正請求などの「カード犯罪」による被害を防げる。


 

■おおらかだから、ついつい支払う?

クレジットカード

とはいえ、こんな人も。毎月の明細で「何に使ったのかをすっかり忘れて支払い続けている項目がある」というカードユーザーだ。

主に考えられるのが、利用をとっくにやめていたり、どうしても見たいコンテンツを閲覧するだけの目的で入会した「Webサービス」の月額料金。

どんなサービスに入会したのかは、きれいさっぱり忘れているので、ついつい放置してしまう。支払額も少額で、おおむね1,000円に満たないケースが多いことも拍車をかける。

ま、いっか」と、そのまま見過ごしてしまう人の性格は、やはり「おおらか」といえるかもしれない。


 

■ついつい支払う人=二重人格と判明!

一方で「しらべぇ編集部」が調査したところ、「支払い続けている項目がある」人には、正反対の傾向も見られた。「見知らぬ他人とケンカしたことがある」と答えた人が、「ない」人と比べ2倍以上の割合で表れている。

グラフ

おおらかなイメージなのに、実はけんかっ早いとは、なんとも両極端。「支払い続けている項目がある」人の性格からは、「二重人格」の4文字が、うっすらと浮かび上がってくる。


■ついでに判明! 二重人格者が少ない県

たらこごはん

©iStock.com/kazoka30

都道府県別で調査を進めると、「支払い続けている」人の割合が極端に低い県があった。

福岡」「広島」の両県では、「支払い続けている」人の割合が4~5%台と、12.2%ある全国平均の半分にも満たない。県民には、おおらかなイメージなのに実はけんかっ早いという二重人格者少ないといえそうだ。

福岡を描く「博多っ子純情」や広島が舞台の「仁義なき戦い」。当調査でわかった県民性が、有名な劇画・映画に登場する「まっすぐに生きる」人々のイメージと重なって見えるのは興味深い。

(文/しらべぇ編集部・前田昌宏

qzoo調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年10月23日~2015年10月26日
対象:全国20代~60代の男女1,381名

あなたにオススメ