大阪の立ち蕎麦屋「若菜」でポテトチップスそばを食べてみた

立ち喰い蕎麦大好き芸人三拍子・高倉です。

先週、箸タワーでお馴染み「南海そば」を紹介した「大阪立ち喰い蕎麦事情」の第2弾。今回は関西初の私鉄駅ナカ立ち喰い蕎麦屋を紹介します。

そば

阪急線十三駅の改札内にある「阪急そば 若菜」。改装されたばかりなのかとても綺麗な店舗。


 

■老舗立ち蕎麦屋の温故知新の精神!?

そば

綺麗な店内には店の歴史を物語った写真が展示されている。券売機のシステムではなかったのでカウンターに座りメニューを見る。

そば

そば

どて焼きや和風ちゃんぽんが気になるが、夕方のニュースやネットニュースで幾度か取り上げられているフライドポテトをただ乗っけただけの「ポテそば」は名前も見た目もインパクトは強い。

そば
次のページをめくるとこんなもの発見。カルビーとのコラボのポテトチップスそば!!フライドポテトはギリギリ食事だがポテチはお菓子。どうなの?と思いながらも注文。お菓子と食事のコラボにコミックボンボン連載「OH!MYコンブ」を思い出す。(90年代初頭の秋元康原作のお菓子を用いた料理漫画)


 

■関西出汁のつゆにポテチ投入!!

そば

2、3分して「関西だししょうゆポテトチップスそば」到着。ポテチは別皿なのね。ということで先ずは純粋な関西立ち蕎麦屋のかけそばを実食。

そば

関東のつゆと比べれば明らかに色が薄い。関東立ち蕎麦になれているので最初は物足りなさを感じたが、次第にしっかりと昆布の出汁がとれた深みのある優しい味を感じる。立ち喰い蕎麦レベルでも関西の出汁文化が遺憾なく発揮されている。そんな素晴らしい蕎麦に、、

そば

ドーン!!ポテチ投入!!台無し感は否めない。

上にトッピングしたポテチを箸でつまみパリパリ食べる。こ、これは、、親が見ていたら怒られるんではないかという背徳感。ポテチはポテチで旨いし蕎麦は蕎麦で旨いんだけど全然コラボれていない。残念な事になったなと思っていた。
が!!少し時間が立ちポテチがつゆに染み込んだその時、ポテチ蕎麦が本気を出してきた!!

そば

ポテチがつゆを吸ってシナシナになり干し椎茸を水で戻した様にポテチが「じゃがいも」の顔を見せ始める。つゆにも油が浮いてきて天かすを入れた「たぬきそば」風になっていい感じ。そばらしい!!(素晴らしい!!)前述の漫画風に言うと「OH〜!MYコンブ!!」

お菓子と食事、ポテチと蕎麦のコラボレーション完全に成功。そのまま一気に完食!!

そば

老舗ということにあぐらをかかず常に新しい事を追求する「阪急そば 若菜」。大阪に行った際には是非足を運んでみてはいかがでしょうか!?

啜るか啜らないかはあなた次第です。

阪急そば若菜 十三店
大阪府大阪市淀川区十三東2丁目12-1 阪急十三駅構内
06-6309-5818

(文/三拍子・高倉

あなたにオススメ