しらべぇ

注目され承認欲求を満たしたい?子供の頃に松葉杖に憧れた人

ライフ

Tomwang112/iStock/Thinkstock

Tomwang112/iStock/Thinkstock

骨折などで足を負傷し、足が自由にならないときに使用する松葉杖。好奇心が強い子供はめずらしいものに興味を持つが、松葉杖もそのひとつである。

しらべぇ編集部が「子供の頃、松葉杖に憧れていた」かの調査をしたところ、全体でわずか10.3%。興味を持って友達のものを試す子はいても、自分がけがをして使用したいと思っていた人はほとんどいない。

 

■松葉杖で注目されると承認欲求が満たされる?

男女別では、女性のほうが多い結果である。

松葉杖に憧れる男女別グラフ

また性年代別では、年代が低いほど多い割合なのが印象的だ。

松葉杖に憧れる年代別グラフ

なぜ若い世代に多いのだろうか? 編集部の取材に応じた20代女性は、次のように語る。

「骨折をして松葉杖をしてきた子は、クラスのみんなから注目をされて羨ましく感じました。けがをして痛いんだろうけど、特別な存在になれる気がして。『自分もしたい』と、ちょっと思ってましたね」

 

承認欲求が、松葉杖で満たされると思っていた人も。ただ若い人に多いといっても、わずか2割弱。幼い頃から承認欲求が強い一部の人が、憧れを抱いていたようだ。

 

■実際に松葉杖を使った感想は「大変…」

先ほどの20代女性だが、高校のときに家の階段で足をすべらせて骨折憧れの松葉杖を使用することになったのだが…

実際に使ってみると、本当に大変でした。ギブスをした片足を上げて、松葉杖を使って前に進むのは重労働。運動が苦手な私は腕の力も弱く、ちょっと歩いただけで息切れをしてしまう状況でした」

 

ギブスにも苦労をした。

「骨折したのがちょうと夏場で、中は常に蒸れた状態。かゆくなるので棒を突っ込んでかいてましたが、届かないところもあって。ギブスはぬらしてはいけないので、お風呂もままならない感じだし」

 

ギブス使用時の入浴では、専用の防水カバーが販売されている。それだけ不便に思う人が多かったのだろう。

骨折で松葉杖を利用した彼女は、現在は次のように思っている。

もう二度と使いたくないと思っています。子供の頃に憧れていた自分が恥ずかしい。注目なんてされなくていいから、健康な体が一番です」

 

年をとれば足腰が弱くなり、歩くのにも一苦労。注目されたい気持ちもわかるが、自由に動く体を大切にしたい。

・合わせて読みたい→【骨折する女子が増えてる?】小学生の頃に「骨折」したことがある人は〇% 

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の男女1,376名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集