行けない→そのまま放置!?飲食店の予約を無断キャンセルする人

(whatwolf/iStock/Thinkstock)
(whatwolf/iStock/Thinkstock)

12月に入り、そろそろ忘年会シーズンが始まった。

この時期よく聞くのが「飲食店の無断キャンセル」だ。お店からしたら迷惑極まりないこの行為。予約客のために食材を用意し、席を確保し…被害は大きい。キャンセル料が発生することも。

しかし、予約している側からすると「連絡するのが面倒」と、そのまま放置してしまう人もいるという。

それは、どれくらいの割合なのか。しらべぇ編集部では、全国の男女1,387名に調査を実施した。


 

■無断キャンセルは1割以下

その結果、「無断キャンセルをしたことがある」と答えたのは1割以下に。

sirabee20161201yoyaku1

やはり「無断でキャンセルなんて!」「いけなくなったらすぐに連絡する」と考える人が多いようだ。

この数値は男女や年齢でも大きな変化はない。ほとんどの人が無断でのキャンセルはいけないこと、と理解している。

ちなみに、過去の調査で「当日キャンセル」をしたことがある人は16.2%という結果。1割くらいの人は、ドタキャンであっても連絡を入れているようだ。


 

■年収が上がるほど…

しかし、ちょっと気になる結果も。

sirabee20161201yoyaku2

年収が上がるほど、無断キャンセル率も高まっていくのだ。1000万円以上ではなんと15.9%。6人に1人は経験者だという。

年収が高いということは、それだけ仕事などが忙しいのだろうが…。いけないと判明した時点で連絡する余裕もないのだろうか。


■二股ほど「無断」しやすい?

恋愛でやってはいけない二股の経験者は、やはり無断キャンセルもしているのだろうか。

sirabee20161201yoyaku4

その結果、経験なしの人が4.6%なのに対し、二股経験ありの人はなんと20.0%。かなり高い割合だ。

こんなところでもルール違反を犯さなくても…と思ってしまう。


予約のキャンセルは電話を1本かければいいだけ。もちろんキャンセルしないのが一番だが、「めんどくさい」「文句言われそうで嫌」などと思わず、必ず連絡を入れるようにしよう。

・合わせて読みたい→飲食店予約のドタキャンは見抜けるのか!? 「バックレ」の傾向と実態

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の男女1,387名(有効回答数)

あなたにオススメ