うるさいのはまだマシ!近隣住民が激怒「迷惑すぎる保育園」3選

少女の遊ぶ様子
(junce/iStock/Thinkstock)

保育園が足りないと言われる一方で、創設しようとすると近隣から「うるさくなるからイヤ」と反対の声があがる…など、何かと問題になっている保育園。

しらべぇ取材班が、保育園の近隣に住んでいる人に調査をしたところ、さまざまな問題が浮き彫りになった。



 

①最初は丁寧だったのに、当たり前のようにうるさくする

「その保育園は、最初の頃は、運動会や夏祭りなどをやる時に、園長や先生たちが『うるさくなります。ご迷惑おかけします』と、


挨拶にきてくれたり、ポストにメモを入れてくれたりしていたんです。こういう丁寧な配慮をされると、うるさくても我慢できるじゃないですか…。


だから地域の人たちから、クレームなどが一切なかったようで。それで調子にのったのか…。そのうち、運動会などを開催する時も、


挨拶やメモなどの配慮がなくなり、当たり前のようにうるさくするように。イラっとします。『ご迷惑おかけします』という、心遣いひとつで違うのに…」(男性・28歳)


関連記事:『バイキング』で保育園問題を議論 「親の井戸端会議が迷惑」という誤解

 

②親たちのマナーの悪さが目立つ

「うちの真横に保育園があるんですが。間の路地は、車一台通れるか…というほど狭い道なんです。でも保育園からのお迎えなどの時に、


そこをママたちが自転車で二列並んで喋りながらノロノロ運転したり、路地のど真ん中で数人で集まってベラベラ喋ったり…。子供が走りまわったり…。


ぜんぜん通れないし、おしゃべりに夢中で『すみません』と言っても気づかず、通してくれない。さらに運動会後とかは、お祭り気分で高揚しているのか、


路地で親子ともどもテンション高くギャーギャーと大騒ぎ。車がきても、道すら開けません。こういう親のマナーの悪さにもウンザリします…」(女性・25歳)


③壁にクレヨンで落書きされたり、違法駐車されたり…

「うちの隣に保育園があります。ある夕方、家の壁にクレヨンで落書きされていて。明らかにヤンキーなどでなく、小さい子供が書いたぐちゃぐちゃな絵。


きっと保育園の帰り際に、クレヨンを持った子が、うちの壁に描いてしまい、親がそのまま逃げたんだろう…と。保育園に事情を話したんです。


でも『うちの園児とは限らないですよね〜』と、強気の姿勢。描かれた時間帯的にも、保育園の帰宅時間とほぼ同じなのに…。結局、こちらで消すハメに。


さらにその保育園は、駐車場がないのか、毎朝ママたちが子供を預ける時に、我が家の目の前に、勝手に車を止めるんです。夫の車が出せなくて…。


ママたちが戻ってくるのを待たなければならず、夫が会社に遅刻になったことも。何度注意してもダメで。ほんとうに迷惑ですね…」(女性・36歳)


これらのマナーの悪い保育園や親たちもあって、保育園に悪いイメージがつきやすくなり、創設に反対されるひとつの要因になっているのかもしれない。

・合わせて読みたい→【炎上】高校跡地を韓国に貸す舛添知事に都民激怒「保育園が足りないのに」

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん