『鉄腕DASH』で大阪・岸和田市の人情が話題に イメージが変わったとの声も

エンタメ

2017/01/30 06:00

(画像は『ザ!鉄腕DASH!』公式サイトのスクリーンショット)
(画像は『ザ!鉄腕DASH!』公式サイトのスクリーンショット)

29日の『ザ!鉄腕DASH!』(日本テレビ系)は、捨てられてしまう食材をもらい受け料理する「0円食堂」を放送。番組初となる大阪府岸和田市と泉佐野市を訪問した。

今回は城島茂と長瀬智也に加え、大阪出身の関ジャニ∞横山裕も参加することに。



 

■岸和田の人情が話題に

岸和田市といえば荒々しい「だんじり祭り」で知られる街だけに、怒られるようなこともあるのではないかと思われた。

しかし蓋をあけてみると、横山がいきなりおばちゃんにアメちゃんをもらったと話すなど、人情あふれるシーンが続々。

番組中盤には気のいい魚屋のおじさんや農家のおばちゃん、わざわざ店を閉めて農地を紹介してくれた酒屋兼農業の男性が登場し、食材を提供。

ニコニコと冗談を交えながら優しく食材を提供する様子にネット民からは「岸和田のイメージが変わった」「楽しそうな街だ」と驚きが。

https://twitter.com/hanabi1355/status/825664442117414913

https://twitter.com/kurutonton45/status/825661392015355904

また地元民からは「本当の姿を知ってもらえたのではないか」などと喜びの声があがった。

https://twitter.com/yuzukishy19/status/825662417178808320


関連記事:長瀬智也、人脈食堂の経済効果に「参ったぜ」 采女さんの卵が大人気に

 

■長瀬の「品がある」発言には異論も

概ね好意的に捉えられた「0円食堂岸和田編」だが、番組中に長瀬が「俺が思ってたイメージと違う、品がある」と発言したことについては、「それはない」とツッコミが。

品というよりも、義理人情に溢れた街ということのようだ。


■大阪のイメージが変わった?

長瀬は大阪について「ガチャガチャしている」、「商店街のなかでヒョウ柄のおばちゃんがいる」イメージを持っていたと発言している。

これは彼に限らず、関西圏以外の人間なら誰しもが持つ印象かもしれない。しらべぇ編集部が全国の20代から60代の男女1,340名に大阪府民についての意識調査を実施したところ、「怖い」と答えた人は25.4%。

関東圏に限定すると、その割合が3割にはねあがる。

sirabee17130tokio

ちなみに長瀬も神奈川県横浜市出身である。大阪でも特別な雰囲気を持つ岸和田にふれ、印象が変わったことを「品がある」と表現したようだ。

品の有無はともかく、人情に溢れ気のいい人々を多く見ることができた今回の「0円食堂岸和田編」。大阪に怖いイメージを回復させることに役に立ったことは、間違いないだろう。

・合わせて読みたい→『鉄腕DASH』番組が公式にTOKIOを「土木系アイドル」と宣言

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年1月20日~2016年1月24日
対象:全国20代~60代の男女1340名(有効回答数)