「大山のぶ代」ツイッターで急浮上にユーザー騒然→安堵の声

エンタメ

2017/02/04 12:00

大山のぶ代
(画像はアクターズセブン公式サイトのスクリーンショット)

4日、元女優でドラえもんの声を26年間務めた声優である大山のぶ代さんの名前が、ツイッターのトレンドにランクインしたことで、ユーザーが一時騒然となる事態があった。

Yahoo! リアルタイム検索のキーワードでも11時20分現在で、1位となっている。

大山のぶ代
(画像はYahoo!のスクリーンショット)


 

■『女性自身』の記事が原因

大山のぶ代は2012年から認知症を発症しており、今は老人ホームに入所していることを昨年6月、夫で俳優の砂川啓介が明かしていた。

今回、ツイッターでトレンド入りしたのは、『女性自身』のインタビュー記事がYahoo!のトップに掲載し、多くのユーザーの目に触れたためだ。

しかし、年齢や病気のことを知る人たちは、「もしかして…」と万が一の事態を想像してしまい、さらに安堵した声がトレンドに拍車をかけたようだ。


関連記事:【あれから10年】ドラえもんの声はどっちがしっくり?大山のぶ代分水嶺は◯代にアリ!

 

■いまだ8割が「ドラえもん=大山」

ドラえもんの声が大山のぶ代から水田わさびに替わったのは、2005年。

しかし、しらべぇ編集部が2015年に全国の男女457名を対象に行なった調査でも、「大山のぶ代の声のほうがしっくりくる」と答えた人が8割に迫った。

しらべぇ0525ドラえもん

国民的に愛された女優・声優だからこその、今回の騒動。病状が快方に向かうことを祈りたい。

・合わせて読みたい→ドラえもんの声はどっちがしっくり?大山のぶ代分水嶺は◯代にアリ

(文/しらべぇ編集部・盛山盛夫

【調査概要】
方法:アンケートサイト「マインドソナー
調査期間: 2015/05/015-2015/05/18
対象:全国10代~50代 男女457人