新入社員が「うちの会社ブラック…」と気づいた黒い慣習3選

(©ぱくたそ)
(©ぱくたそ)

新生活もはじまり、新社会人になった人もいるはずだ。

世の中には素晴らしい会社ばかりではないため、中にはすでに「うちの会社…ブラックかも…」と、不穏な空気を感じている人もいるのではないだろうか。

そこでしらべぇ取材班は、ブラック企業に勤めているという人たちに「新入社員時代に入社一日目で気づいた」黒い慣習を聞いてみた。


 

①お昼休憩を時間通りに取らせてもらえない

「うちの会社は、お昼休憩になるとチャイムが鳴るシステムだったんです。新入社員一日目で気を使ってドッと疲れて、鐘の音が聞こえた時には、


『やっとお昼休み!』と安堵したのに…。ふと周りをみると、先輩たちはチャイムが鳴っても、コンビニのパンなどを食べながらずーっと仕事を続けていて。


そんな状態で、新人の私が席を立つわけにもいかず、ジッと机に座って『お昼行ってきなよ』と言われるのをひたすら待っていた記憶があります…。


『昼休憩すら満足に取れないなんて…』と思いましたが、今では私も昼休憩は食べながら仕事をするだけで、休憩ではなくなっているのが当たり前に…」(女性・30歳)


 

②入社一日目で23時まで残業をさせられた

「僕は大学時代に、その職種でのアルバイト経験があり、仕事は多少なりともできました。入社一日目でそれを褒められて嬉しかったんですが…。


定時で帰ろうとしたら、上司に呼ばれて『今日、残れる?』と。さすがに初日で断るわけにもいかないし、どうせ1時間くらいの残業だと思い承諾したら、


他の先輩たちと一緒に23時まで残業をさせられました…。そこから家に帰って、寝たのは夜中2時、そして朝6時に起きて朝8時には仕事スタート。


『たまたま昨日だけ残業させられた。今日からは大丈夫』と思っていましたが、入社一日目から今までずっとこんな生活です…」(男性・26歳)


③「土曜や祝日も休日出勤してもらう」と言われた

「会社の募集要項のところに、『休日は会社の就業規則に準ずる』と記載されていたんです。でもそんな遠回しな言いかたをされても、大学生にとっては、


『???』『でもどうせ土日休みだよね、だって普通そうだし!』くらいにしか思ってなかったんです。しかしいざ入社当日に渡された会社カレンダーは、


年間休日108日と最低限の休みしかなく、さらに『土曜や祝日も休日出勤してもらうことがあるから、遊びより仕事優先で』と、さらりと言われて。


この休日の少なさから社員をコキ使ってやろう…という社風がヒシヒシ伝わってきて、『選ぶ会社、失敗した…』とガクッと崩れ落ちそうになりました」(女性・29歳)


会社は外から見るのと中から見るのは違うものだ。入社して日が浅いといえど「もしかして…うちの会社…」と思ったら、その勘は当たっているのかもしれない。

・合わせて読みたい→1ヶ月で退職! 女性新入社員が暴露「ブラックすぎる会社」

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

あなたにオススメ