しらべぇ

軽い気持ちや正義感が犯罪に 侮辱罪・名誉毀損になりうるネット投稿に弁護士が警鐘

面白半分の書き込みや正義感からのネット投稿が逮捕につながる場合も。

ライフ

■軽い気持ちや正義感も犯罪になりうる

軽い気持ちで書き込む前に人を傷つける嘘の事実を書き込んだり、人を攻撃する書き込みを繰り返したりする行為は、れっきとした犯罪になります。

おそらくそういった書き込みをしている人の中には、面白おかしく書き込んでいる人もいるでしょう。ときに「正義感」や義憤にかられて投稿が行われる場合も。

しかし、軽い気持ちで書き込みを続け、感覚が麻痺してしまうと、犯罪者になってしまうこともあるのです。

 

■ネット拡散という恐ろしさ

インターネットは、情報の発信力が極めて高く、一度発信してしまった情報は次々に拡散されてしまいますので、後になってそのすべてを消し去ることは困難です。

インターネットで他人の情報を発信したり、他人の評価をしたりする前に、是非自分の書き込みの影響力の高さを十分に考えてみてください。

・合わせて読みたい→弁護士が解説! 浮気された側が報復した場合、どのくらいなら法的に許される?

(文/レイ法律事務所松田有加弁護士

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集