しらべぇ

カフェ・ベローチェが涼しさを求めすぎ…出した結論が「怪談」

カフェ・ベローチェが17日からのキャンペーンとして、アイスコーヒーとアイスティーのサイズアップとともに、「怪談札」を配布。

グルメ

暑い日が続くと、少しでも涼しくなりたいと思うのは当たり前だろう。涼しくなるためには手段を選ばない! なんて人もいるのでは。

冷房をつけ、冷たいものを飲んで身体を涼しくして…本当にそれだけで、いいのだろうか?

 

■冷感研究所を立ち上げ!

涼しさを貪欲に求め、挑戦的なキャンペーンを始めたのは、カフェ・ベローチェ。

よりお客様に涼しさを提供したい! という強い思いのもと、「冷感研究所」を立ち上げてしまったのだ。この研究所では、いろいろな「科学的に涼しくなる」方法を模索したそう。

(画像はカフェ・ベローチェ公式サイトのスクリーンショット)

-7℃で作った過冷却コーヒーがもっとも体温を下げたが、商品化が難しい。

そこで「量を飲めばいいのでは?」という発想のもと、前日17時の段階で翌日の気象庁の天気予報が真夏日(30℃以上)の場合は、アイスコーヒーとアイスティーのサイズアップが無料に! 暑い日だからこそ、嬉しいキャンペーンだ。

しかし…その横が気になる。気になりすぎる。

 

■身も心も…涼しく…

アイスコーヒーで涼しくなるのは、身体の中。しかし「本当にそれだけでいいのか?」と思ってしまった研究員を恨みたい。

なんと、怪談話をプレゼントしやが…してくれるというのだ。

全7種類用意されており、週替わりで、もらえる札は変わる。ちなみに札の真ん中に書かれている「幣髏御魑廻」は「べろおちえ」、つまり「ベローチェ」。

第1週目に配布されるのは、かわいすぎる怪談師である山口綾子の「足音」だ。

裏面にあるQRコードを読むと、怪談話が見られる仕組みになっている。

しらべぇ取材班は一足早く体験させてもらったのだが

イヤホンをつけた耳から、心が冷えていく…。

アイスコーヒーと合わせれば、身も心も冷えひえだ。むしろ背筋が寒い気がする。

ちなみに、怪談話は「科学的にも涼しい」そう。実際に検証したところ、なんと体表温度を平均0.3℃下げることができたとか。恐怖体験、恐るべし。

 

身も心も「涼」を求める人は、カフェ・ベローチェへ行ってみては。喉から耳から、かなり涼しくなれるはずだ!

・合わせて読みたい→怪談師・稲川淳二さえ取り乱すVRバイオハザード「どれだけ怖いの…」

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集