しらべぇ

「抱かれたくない男」だった出川哲朗 母と祖母の言葉が「泣ける」と話題に

出川哲朗が『徹子の部屋』に出演。「抱かれたくない男」時代に母と祖母が放った言葉が話題に…。

エンタメ

出川哲朗

『世界の果てまでイッテQ』(日本テレビ系)などでの体を張った芸で老若男女から好かれている出川哲朗(53)。今でこそ好感度芸人の仲間入りをしているが、かつては女性から嫌われていた時代もあった。

8日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演し、当時のエピソードを語った。

 

■時代が出川に追いついた?

「気持ち悪い」と言われていた時期から、最近では「かわいい」と言われるようになったと出川だが、その評価の変わり映えに困惑しているようだ。「仕事内容もやってることも20年前と変わらない」と語る一方で、「時代が僕に追いついた」と喜びも明かした。

また、カナダの熊と対決するなど体を張った芸をする理由について、黒柳徹子(84)から「過酷なことをなさるのは、どういうことで?」と聞かれた出川。「お客さんが、『出川バカだな』って笑ってもらえれば、それで充分ですね」と、視聴者の満足のために頑張っていると語った。

 

■母と祖母の言葉に感激

そして話は家族とのエピソードに発展。黒柳から、「抱かれたくない男ランキング」で長い間1位だったことについて、そのときの母親の反応を聞かれると、出川は母に言われた言葉を語りだした。

「抱かれたくない男1位とか、恥ずかしい1位になっちゃってごめんね」と母に謝った出川。すると母は「なに言ってんだい哲朗。どんな部門だろうと、日本で1位になるのはスゴイことなんだから、胸を張れ!」と、落ち込む出川を激励したという。

また、出川は祖母についてもスゴイ人だったと語る。「お孫さんが日本一『抱かれたくない男』に選ばれてどうですか?」というテレビの取材に対し、祖母は「そんな女の人、こっちからお断りです!」と激昂したようだ。

母と祖母からも愛されている出川に、黒柳も感心していた。

 

■ほっこりエピソードに感激の声も

一連の発言を受け、ネット民からは出川を称賛する声が。

・「変わらない」って言ってるけど、それで長い間芸能界にいるってスゴイことだと思う

 

・今日もおもろいけども、お母さんとおばあちゃんのエピソードに思わずホロリときてまう

 

・出川哲朗の徹子の部屋、傑作だった。出川氏は常に期待以上の笑いをくださる。泣ける話が多いのも良かった、しみじみと

 

・お母さまやお祖母さまの話をしてる時の表情がとても温かくて良かった。家族想いで、みんなに優しいんだろうな

 

■好感度によってはチャンネルを変えられる?

しらべぇ編集部が全国20〜60代のテレビ視聴者1,117名に「嫌いな芸能人」について調査したところ、4割が「テレビに出てたらチャンネルを変える芸能人がいる」と回答。

4割以上がタレントによってチャンネルを変える中、数々のテレビ番組でひっぱりだこの出川。やはりそれだけ需要があると言えるだろう。

 

今も昔も変わらない笑いを続けている出川に称賛の声があがっている。たしかに、ようやく時代が出川に追いついてきたのかもしれない。

・合わせて読みたい→『イッテQ』出川をエスコートした「カナダのおばあちゃん」に感涙

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん イラスト/ミキシマ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代のテレビを観る男女1,117名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu