しらべぇ

必死すぎる! 禁煙の会社でタバコを吸う人がした最悪行動3選

禁煙の職場にも関わらずに、喫煙者の中にはこっそりタバコを吸う人も…。

ビジネス

(kuppa_rock/iStock/Thinkstock)

喫煙者にとって、仕事中というストレスが溜まる環境では普段よりもタバコが吸いたくなるものだ。

中には、禁煙の会社にも関わらずに、そんな吸いたいという欲求を我慢できずに、周りに迷惑をかけるような行為をしてくる喫煙社員もいるらしい。

 

①社内で喫煙してもいいかを「多数決」で決める

「もともと禁煙者が多い職場だったので、社内は暗黙の了解で禁煙の風潮があったんですが、人員が入れ替わり、年配者が増えて喫煙者が多くなりました。

 

その途端『喫煙者の方が多いんだから』という横暴な雰囲気になり、社内が喫煙可に…。吸う人が多い分、煙もすごいし、禁煙者はつらいです」(女性・27歳)

 

②「窓を開けているからいい」と社内で吸う

「社内は禁煙なのに、タバコ臭いと思って見たら、上司が机で喫煙をしていました。注意をしたら『窓を開けているからいいだろう』と逆ギレ。

 

上司なのに率先してルールを破るってひどいし、窓を開けていてもタバコの煙ってけっこう辺りに充満するものですよ」(女性・30歳)

 

③喫煙可の職場にしたくて禁煙者にタバコをすすめる

「『勤務中にタバコが吸えたら、もっと働ける』『友達の職場では、社内で吸っていいのに』などと吸えない環境に文句をいう喫煙者の人たち。

 

最近になり、職場が禁煙なのは非喫煙者がいるからだと言いだし、『君たちも吸おうよ。吸うと元気になるよ』とタバコをすすめてきます」(女性・25歳)

 

▪️タバコの臭いが勘弁…と思う人は半数超え!

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1336名に調査を行ったところ、「タバコを吸った後の人は、正直自分に近づいてほしくない」と答えたのは全体の54.4%と、半数を超える結果に。

タバコの臭いグラフ1

タバコの煙は、吸っていない人たちにも健康への害を与えることは有名だが、人によってはタバコの臭いや他人の服についた残り香だけで気持ち悪くなる人もいるという。

やはり他人に悪影響があるため、社内だけにとどまらず、吸わない人に煙がいかないような配慮をするのは喫煙者の大事な役目かもしれない。

・合わせて読みたい→非常識! タバコ可の飲食店で喫煙者がした最悪行動3選

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20~60代の男女1336名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集