しらべぇ

プチ整形、ドラァグクイーン… 「夜の街の新成人の夢」に有吉絶賛

夜の街で活躍する新成人の夢に有吉弘行も絶賛! 『有吉ジャポン』の新成人特集が話題に…

ライフ

2018年、男性63万人、女性60万人の計123万人が新成人となった。夢と希望に満ち溢れた新成人たちの姿に、大人たちが「懐かしさ」や「眩しさ」を感じる中、12日深夜放送『有吉ジャポン』(TBS系)では、「夜の街の新成人」を特集。

新成人となったダンサーやキャバクラ嬢などが「夢」を叶える姿を、司会の有吉弘行(43)も絶賛している。

(画像はピンキー スーパーバーレスク東京Twitterからのスクリーンショット)

 

■六本木の人気ダンサーの夢

六本木で月1億円を売り上げるナイトクラブ『バーレスクTOKYO』では、ダンサー5人が新成人。「日本一のセクシーダンサーになりたい」「六本木の安室奈美恵として頑張りたい」と夢を語る。

その中で、愛媛出身のPinkyさんに番組は密着。

「英語を話せるようになって世界で活躍したい」彼女が、20歳になって叶えたい夢は「プチ整形」。総額69万円をかけ、目元を中心にさらに美しく生まれ変わった姿に、有吉は「いい! 気持ちが乗ってくるからね」と賞賛を贈った。

■ゲイ男性やキャバクラ嬢の夢は…

専門学校でファッションを学び、授業も女装姿で出席するゲイのタケルさんは「将来的にドラァグクイーンで食べていきたい」夢を明かす。

この日、憧れのドラァグクイーン・山田ホアニータの自宅を訪れ、メイクやファッションを習う。2人でド派手なファッションに身を包み街を闊歩し、夢への一歩を踏み出した。

売り上げ500万円を達成した新宿歌舞伎町の人気キャバクラ嬢・七海悠香さんの夢は、最もお金を使ってくれる太客・エースに「水揚げ(結婚などで水商売を引退する業界用語)」してもらうこと。

三者三様の「夢」に、有吉や平成ノブシコブシ・吉村崇(37)からは「最高」と声援が飛んだ。

 

■視聴者の感想は…

自身の過去を振り返りながら、夢溢れる、夜の街で活躍する新成人たちを観た視聴者からも、大きな反響が起きている。

■4人に1人は「夢がある」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,378名を対象に調査したところ、25.8%が「夢がある」と回答した。

夢がある人グラフ

20歳を迎えると、「大人としての自由」を得ると共に「責任」も背負うことになる。夢を語る、見ているだけでは生きていけない。しかし、より有意義に生きていく上で、夢・目標は欠かせない。

挫折もあるかもしれないが、「新成人となって抱いた夢」を叶えられる若者が増えるよう願うばかりだ。

・合わせて読みたい→有吉弘行が明かす「三大オヤジ転がし」タレントが的確すぎて視聴者共感

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1,378名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集