しらべぇ

不妊治療がテーマの『隣の家族は青く見える』が勉強になりすぎる

不妊を扱ったドラマ『隣の家族は青く見える』。深キョンがかわいいだけに「気持ちは若くても卵子精子は老化する」事実がリアルだ。

エンタメ

となかぞ

(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』

18日、深田恭子(35)が主演する連続ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)が放送開始となった。

キュートでセクシーな深キョンが妊活中の人妻を演じる本作。コメディタッチで「不妊」という社会問題を描くという、今までになかった試みに注目が集まっている。

 

■気になる第1話の内容は?

となかぞ

(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』

深キョン演じる主人公・五十嵐奈々と、松山ケンイチ(32)演じる五十嵐大器夫妻が、4世帯が協同組合方式で建て入居する「コーポラティブハウス」で暮らしながら妊活に取り組むという内容の本作。

第1話では同じ「コーポラティブハウス」に集った個性が異なる4世帯の特徴を紹介。さらに子供のいない五十嵐夫妻が不妊治療をはじめる流れが描かれた。

 

■画面上にグラフが浮かび上がる

ダイビングインストラクター役の深キョンがTシャツ姿で水に飛び込み「透けブラ」状態になるお色気シーンや、子作りをするためベッドに入るシーンといったサービスショットもあり、楽しく観られるコメディ風の第1話。

しかし、不妊治療のシリアスな面を紹介するくだりは丁寧に描かれており、時には画面上に円グラフが表示されることも。よくある誤解や偏見も登場人物のセリフとして挿入されており、妊活夫婦ならずとも興味深い。

 

■不妊の約半分は男性側の原因?

となかぞ

(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』

ニュースなどでも度々話題になる「男性不妊」についても登場人物の台詞を通じてわかりやすく解説された。話したのは須賀健太(23)演じる、大器の会社の後輩・矢野だ。

大器が会社で「精液検査を受ける」ことを不安げに打ち明けると、不妊治療問題に対して意識の高い矢野から下記のような言葉がかえってくる。

「不妊症の約半数は男性が原因ですしね。もしかして原因の大半は女性にあるもんと思ってませんか。女性だけの問題じゃないですよ。受精卵は精子と卵子両方からできてるんですよ。できない原因だって双方にあって当然でしょう。

 

(中略)

 

不妊治療だっていまだに根強い偏見とかありますからね。あ、ぼくはそれは無知からきてると思っています。無知こそはいらぬ差別や偏見を生むんですよ」

 

しかし、そう語る矢野と違って大器の不妊治療に関する知識は一般男性レベル。つまりほとんど知らないに等しい。

優しく人柄もいい一方で、無知ゆえの楽観主義が妻を知らず知らずのうちに苦しめるという描写はなんともリアルだ。

 

■不妊治療あるあるがショックすぎ

(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』

五十嵐夫妻は1年3ヵ月子作りをしても妊娠に至らず「不妊症かどうか」の検査をしたいと不妊治療クリニックを訪れる。そこで2人は、伊藤かずえ(51)演じる医師から、

「一年以上避妊なしの性交を続けても妊娠にいたらなかった場合、検査するまでもなく不妊症と言えます」

 

と告げられ、ショックを受ける。

さらに「検査しても原因特定できないケースもあるし、治療しても妊娠にいたるとは限らない。経済的・時間的に負担が大きく、精神的・身体的に少なからずダメージを受ける」という不妊治療あるあるを聞かされ、不安気な表情に。

 

■カップルで勉強になる内容

Twitter上でも、連続ドラマで主題にされることが少ない不妊治療を取り上げた本作を真剣に見入ってしまったという趣旨の発言が多数見られた。

 

■気持ちは若くても卵子精子は老化

加齢とともに妊娠する確率が下がるということを実感し、35歳の奈々が子作りよりも住宅購入を優先してきたことを後悔するくだりも、非常に考えさせられる。

容姿が若くかわいらしい深キョンが演じているだけに、現代の夫婦が抱える「見た目や精神の老化と、精子卵子の老化の乖離」が生々しく浮き彫りになっていると言えるだろう。

そんなシリアスな局面も持ちながら、ご近所づきあいの煩わしさや「子持ち専業主婦とDIKNS主婦」の対立などもコミカルに描いた本作。第1話の内容から、気軽に楽しめるコメディでありながらじつは社会派なドラマであることも伺える。

《これまでに配信した『隣の家族は青く見える』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→深田恭子の奥さん姿がかわいすぎる 「帰宅が早くなる」の絶賛の声

(文/しらべぇドラマ班・星子) 

この記事の画像(4枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu