しらべぇ

横浜DeNA井納、「嫁がブス」書き込みのOLに200万円賠償を請求 「匿名掲示板全滅」の声も

横浜DeNaベイスターズ・井納翔一投手の「嫁がブス」と誹謗中傷したOLが訴えられた問題を『5時に夢中!』が斬った!

話題

ネットの匿名掲示板での誹謗中傷が問題視される中、ネット掲示板に「嫁がブス」と書き込んだ相手を特定、名誉棄損で訴えた横浜DeNAベイスターズ・井納翔一投手(31)が注目を集めた。

1日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)でも本件を紹介、大きな話題となっている。

((C)ぱくたそ)

 

■実際は「美人妻」

井納の妻は結婚当初から「美人妻」と話題になったルックス。今回の話題で妻の画像を確認したネット民からも、好意的な声が多く寄せられている。

その妻に対して、「そりゃこのブスが嫁ならキャバクラ行くわ」などと書き込んだのは20代のOL。名誉棄損で198万円の損害賠償を請求されたOLは週刊誌の取材に対して、「軽い気持ちでやった。200万円なんて払えない」とコメントした。

井納の決断は、家族の名誉を守るためのもので「男を挙げた」と好評だが、一部からは「やりすぎでは」との声も上がっているという。

 

■目には目を

作家・岩井志麻子(53)は「カッコいい。愛する人・大事な人を傷つけられたら怒るのは正しい」と絶賛、「書いた方は『軽い気持ち』と言うが、積み重なっていくと重い」と断じた。

さらに「200万円が払えないなら、OLさんの顔を公開し、みんなから『お前のほうがブス』と言われる刑を受けるべき」と、目には目をと言わんばかりの厳しい意見も飛び出す。

新潮社出版部部長・中瀬ゆかり(53)は、「匿名で何を書いてもいいネット文化は昔のもので、今は成熟してきている。何を書いてもいいわけではない。ブスとか死ねに表現の自由はない」と苦言を呈した。

 

■「匿名掲示板全滅」を予感

これまで「匿名のネットだから」「訴えるのが面倒くさい」など理由はさまざまだろうが、誹謗中傷に泣き寝入りしてきた人も多いはず。

そんな中で、お金と時間、労力をいとわなければ相手を特定し訴えられる事例を生み出した井納に、視聴者も大きな反響を見せている。

 

■過半数は「誹謗中傷に立ち直れない」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,342名を対象に調査したところ、過半数が「もしもネットで誹謗中傷をされたら、立ち直ることができないと思う」と回答した。

「有名人が誹謗中傷を受けるのは『有名税』だから仕方がない」、時にこんな意見が見受けられるが、有名人だから「誹謗中傷をしてもいい」はずがない。根も葉もない中傷を受ければ傷つくのは誰でも同じだ。

匿名で気軽に発言できることから、過激な中傷をかき込んでしまう人もいるだろうが、今後は匿名であってもこれまで以上に責任を負う覚悟が必要だろう。

・合わせて読みたい→8年交際していた彼がSNSで彼女を誹謗中傷 その内容に「クソオブクソ」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1342名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu