林修先生も初耳の「ラーメンはすすらないで食べると損」 すすれない人に驚きの声も

ラーメンの食べ方が話題

ラーメン
(oneinchpunch/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

11日に放送されたTBS系バラエティ番組『林先生が驚く初耳学』で、「ラーメンの食べ方」が取り上げられた。その中で、「すすらないで食べると損をする」という解説が、話題になっている。


 

■林先生も初耳だった?

オシャレな店舗も増えたことで女性も食べに行きやすくなったラーメン。ところが、ラーメンを食べる女性の3人に1人はすすることができないという。

ラーメンをすすれないことに問題を感じる人は少ないだろう。しかし、「すすらないことで風味を4倍も損する」そうだ。

林先生は理由を聞かれると「見当がつかない。どういうこと?」と答えて、初耳学に認定。林先生も知らなかった風味を4倍損する理由をいまじょう矯正歯科クリニックの今城広治氏は…

「ラーメンは油で覆われているため鼻で嗅いでも香りを多く感じられない。すすることで香りを豊かに楽しむことができます」


と、語った。麺をすすることでスープの香り成分を口に運ぶことができ、吸い込んだ空気が鼻を通ることでニオイセンサーが香りをキャッチし、ラーメンの香りを堪能できるという仕組みだ。


 

■すすれるようになりたい

ネットでは「すすれるようにがんばる」という声が目立っている。

https://twitter.com/madder_327/status/962676398535028737

次ページ
■すすれない人がいることに驚き

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ