マツコ「ドヤ顔で建ってる。こういうのが好きな人が行けばいい」 アルマーニ制服騒動に苦言

『5時に夢中!』で、泰明小学校のアルマーニ制服問題にマツコ・デラックスが言及!

話題

2018/02/13 08:30

一式で8万円を超える「アルマーニ」の制服を採用した中央区立泰明小学校の騒動に関して、和田利次校長が記者会見を開いた。

12日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、同騒動にマツコ・デラックス(45)が苦言を呈し、大きな反響が起きている。

 

■騒動を反省も「採用は変えない」

中央区銀座の中心にある同校は学区制ではなく「特認校」。東京で最も地価が高い地域・中央区内全域から児童を受け入れているため、「比較的裕福な家庭が多い」とされている。

しかし、あくまでも公立の小学校のため、「一式8万円を超える高級ブランドの制服」には批判が集まっていた。

この騒動に関して、9日の会見で和田校長は「各家庭に相談して進めるべきだった」と反省の弁を述べたものの「採用を変える考えはない」と強固な姿勢を示す。

「個別に相談してもらえれば対応するが、本校の保護者ならそれぐらいは出せるのではないかと思った。泰明小でなければこういう話は進めない」と語った。

 

■住みわけを提言

マツコは「銀座のど真ん中にドヤ顔で建っている。中央区も『オシャレでしょ』ってのがある」と同校を分析。

「公立の学校でやれるかどうかは分からない」「今、通っているお子さんは別として」とフォローしながら持論を展開。

「『ハイソサエティな銀座でございますっていう、ヤラしいお子さんに育てたい方はどうぞ通ってください』って、銀座に子供を通わせたい、こういうのが好きな人が行く小学校にすればいい」と苦言を呈した。

次ページ
■視聴者の感想は…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ