しらべぇ

プレモルあれば無料! TSUTAYA店長が選んだ「ビールに合う映画」3選

ビールに合う映画とは?

提供:サントリー

ライフ PR

仕事でオツカレの金曜日。平日の5日間フルで働いていたのだから、もう家に帰ってビールでも飲みながら映画を観てゆっくりと過ごしたい…。

そんな映画とビールを愛する、忙しく働く社会人のみんなに朗報だ! サントリーとTSUTAYAがコラボしたキャンペーンが、見逃せないほどお得なものになっているぞ。

 

■そのキャンペーンとは…

その、プレミアムフライデーより始まったキャンペーンはまずどこかのお店でプレモルを購入し、金曜日にTSUTAYA店舗へ持っていくことで参加可能。

レジカウンターでそれを旧作DVDと一緒に見せると、その旧作DVDを1枚無料で借りることができるのだ!(※)

 

■これから毎週末プレモルと映画が楽しめそう

ふだんから自分へのごほうびにビールを買っている人であれば、実質DVDが毎週1枚タダになるようなものである。

これからキャンペーン期間の2018年12月28日まで、毎週末プレモルと映画を楽しめそう! でも、これだけ期間が長かったらいくら映画好きでも借りたい映画が尽きてしまいそう…。

 

■プロが選んだビールと合う映画とは

ということで、これから映画とプレモル尽くしの生活を始めるためにTSUTAYA祐天寺店の店長さんに、「ビールと合う映画」を3つほど厳選してもらったぞ。

映画に精通したプロが選ぶ、ビールと合う映画とは? 気になる選ばれた作品は、以下のとおりだ!

 

①マイ・インターン

記者も大好きなアン・ハサウェイ演じる女性CEOと、ロバート・デ・ニーロ演じるシニアインターンの、友情を育む過程を描いた作品。

バリバリ働くキャリアウーマンも、ベテランサラリーマンも、これから転職する人も、誰もが仕事を頑張りたくなる心温まるストーリーである。

プレミアムビールながら誰からも愛される、定番の『ザ・プレミアム・モルツ』と楽しみたい。

 

②バーレスク

歌姫クリスティーナ・アギレラが初主演した、田舎から出てきた女子が都会で歌手になる夢をつかむために頑張る姿を描いたミュージカル作品。

夢見る新社会人も、仕事で疲れて夢を見失いそうな人も、プレモルを飲みながら何も考えずに観ればハッピーになれるストーリーが最高。

アメリカンドリームあふれる作品なので、サントリーが半世紀かけて作った夢のビール『ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム』を飲みながら楽しみたい。

 

③ウルフ・オブ・ウォールストリート

レオナルド・ディカプリオ主演、「ウォール街の狼」と呼ばれた人物のヤバすぎる回想録を映画化した、ヤバすぎる作品。

貯金0円から年収49億円というキャッチコピーで、主人公の凄まじい人生が描かれているが、これからバリバリ働いて高収入マンを目指す人物にはうってつけ。

ウォール街で働く人たちの華やかなプライベートを思い浮かべながら、『ザ・プレミアム・モルツ<香る>エール』を飲み、香り高い人生を想像しつつバブリーに楽しみたい。

 

■対象店舗は特設サイトでチェック可能

以上がプロの選んだ「ビールと合う映画」である。どれもハズさない名作映画ばかりだが、観たいものはあっただろうか?

ちなみに、キャンペーン対象店舗のTSUTAYAはキャンペーンの特設サイトでチェック可能なので、気になる人はぜひチェックしよう!

参照元:サントリー

 

​<対象商品>​

ザ・プレミアム・モルツシリーズ全商品が対象。
※週あたりお一人様1回(1枚)限りとなります。
※20歳以上の方限定のキャンペーンです。20歳未満の方は、ご利用いただけません。
※未開封のプレモルが対象です。開封済みの缶・瓶での特典はご利用いただけません。

​<引換対象>

DVD旧作品のみ対象となります。CD、ゲーム等は不可。
※特典の値引きは、1枚あたり200円(税込)が上限です。
※特典ご利用後の缶・瓶に、引換済みシールを貼らせていただきます。

 

(文/しらべぇ編集部 提供:サントリー)

この記事の画像(8枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu