「不条理な死」に勝利し赦される「クソ素晴らしい」結末 『アンナチュラル』に喝采

「赤い金魚事件」の全貌が明らかに…! 勝利と平穏をつかみ取るラストに、インターネット上では「クソ素晴らしい」と絶賛の声があがる

エンタメ

2018/03/17 14:00

『アンナチュラル』

社会問題に切り込んだ巧みな脚本や演出が注目を集める、TBS系ドラマ『アンナチュラル』。その最終回が、16日に放送された。

8年前に中堂(井浦新)の元恋人・糀谷夕希子(橋本真実)を殺した連続殺人犯をつきとめたミコト(石原さとみ)たちだったが、犯人を「殺人罪」で裁けないという問題に直面してしまう…。

 

■高瀬を「殺人罪」で裁けない? 

客としてやって来た若い女性を、アルファベットの頭文字にちなんだ巧みな方法で殺害してきた、不動産業を営む高瀬(尾上寛之)。

26人目を殺害し、証拠となる遺留品を燃やしたうえで自ら警察署に出頭した彼だが、「遺体の損壊」は認めたものの殺人については頑なに否定。

連続殺人の容疑者として高瀬が注目を集める中、高瀬を追い続けてきたフリー記者の宍戸(北村有起哉)は、高瀬への取材を元に執筆したという『26人の殺害は現実か妄想か』という本を出版。

凶悪殺人に加担したと思しき人物の本が飛ぶように売れる中、多くの被害者が解剖されずに「自殺」や「事故」として片付けられてきたことで、ミコトたちは「26人も殺した男を殺人罪で裁けない」という歯がゆい現実を突きつけられることに。

 

■ミコトに委ねられた決断

そんな中、かつてミコトと法廷で対峙した敏腕検事・烏田(吹越満)が、第9話でホルマリンによって殺害された女性の鑑定書について、裁判で不利になる記述を削除してほしいと持ちかけてくる。

「嘘の鑑定書」を作ることに抵抗を示すミコトだが、他に高瀬の殺害を決定づける証拠がない中、「烏田検事に協力しなければ、補助金を打ち切る」とのお達しまで出され、追い打ちをかけられてしまう。

その中で、解剖を行った関係者しか知り得ない情報が高瀬に渡っていたことに気付いた神倉所長(松重豊)は、宍戸とのパイプを持つアルバイトの久部(窪田正孝)を「週刊誌に情報をリークしていた人物」だったと突き止め、久部は謝罪した後にUDIを去ることに。

次ページ
■所長の決断、中堂が殺人を犯す…?!

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ