『99.9』中島裕翔に榮倉、棚橋も! 豪華ゲスト続々の最終回に大反響

大人気ドラマ『99.9』。Hey!Say!JUMPの中島裕翔やSEASONIでヒロインを務めた榮倉奈々の登場がファンの間で話題になった。

エンタメ

2018/03/19 13:00

『99.9』
『99.9』

嵐・松本潤主演のドラマ『99.9-刑事専門弁護士ーSEASONII』の最終回が18日に放送された。Hey!Say!JUMPの中島裕翔やSEASONIでのレギュラーメンバー立花彩乃役の榮倉奈々をゲストに迎えるなど、盛りだくさんの最終回に反響が寄せられている。

 

■深山たちが「開かずの扉」に挑む

深山(松本潤)たちのもとに、久世亮平(中島裕翔)が8年前に妻を殺害後、放火をしたとして死刑判決を受けている父・貴弘の再審請求の依頼にやってきた。

しかし、一度最高裁で結審した判決を覆すのは不可能に近いため、再審請求は「開かずの扉」と呼ばれるほど難しい。自分たちの身内が冤罪事件に巻き込まれた経験があるため、深山たちはこの依頼を受けることに。

 

■認められない再審請求

事件当日、貴弘はガソリンを15リットル購入し、そのうち10リットルを使って自身のアパートに火をつけたとされていた。

しかし、貴弘が立ち寄ったガソリンスタンドの防犯カメラの映像を見返すと、店員(三浦大輔)たちが当時野球中継を観ており、その映像から防犯カメラの時刻がズレていたことが判明。貴弘は違う時間に、車に残されていた5リットルしか灯油を購入していないことがわかった。

深山らはこの事実を証拠として提出したが、今回の担当裁判官である川上(笑福亭鶴瓶)は再審請求を認めない。じつは川上には若い頃、再審請求を認めたことがきっかけで出世コースから外されたという過去があった。

次ページ
■火元は2つあった?

あなたにオススメ