藤井六段人気で層は広がるのか? 将棋をした経験がない女性たち

藤井六段の人気で注目を集める将棋だが、女性はよくわからない人が多いようだ。

ライフ

2018/04/04 13:00

(bee32/iStock/Thinkstock)

藤井聡太六段の活躍が、連日話題になっている。ひふみんこと加藤 一二三九段の人気もあり、将棋に注目をする人たちが増加傾向にあると言えるだろう。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に「将棋について」の調査を実施。

「将棋を指した経験がない」と答えた人は、全体で42.2%。将棋についてよくわかっていない人も、たくさんいるのが現状である。


画像をもっと見る

 

■将棋は男性のたしなみ?

性年代別では、どの年代も圧倒的に女性のほうが高い結果になっている。

将棋性年代別グラフ

女の子の遊びに、「将棋」の選択肢はあまりない。

「小さい頃に女の子たちと集まって、今から将棋をしようとはならなかった。たぶん、触ったこともないと思う」(20代・女性)


言い換えれば、男性は多くの人が将棋に慣れ親しんでいると言えるだろう。

「子供の頃に父に教えてもらって、友達ともたまに勝負をしていた。頭がそれほど良くないので、あまり上手くはないけど…」(20代・男性)


関連記事:将棋のルール浸透度を調査!女性は全年代で7割が知らないと回答…男性は?

 

■藤井六段のすごさをさらに知るために

藤井六段の活躍により、将棋界が盛り上がりを見せている。もっと多くの人が将棋に触れる機会があれば、さらに興味を持ってくれるのではないだろうか。

「息子と将棋をしたいと思って、駒と盤を購入。息子は今までしたことなかったけど、僕が教えながら打つ感じを続けたら興味を持ち始めた。


実際に指すことで、藤井六段のすごさを改めて知ったみたい」(40代・男性)


たとえハマらなくても、将棋の奥深さを知るだけで十分だ。

「妻に教えてみたけど、『難しい』とすぐにギブアップ。でも『こんな難しいのに、10代の男の子が大人と互角に戦えるなんてすごい』と言っていたので、やった意味はあったと思う」(30代・男性)


■将棋でコミュニケーション

将棋は孤高のイメージがあるかもしれないが、本来は庶民の遊びである。

将棋傾向別グラフ

ギャンブラーが将棋を好きなのは、やはり勝負事だからだろう。下町ではかつて、町中で将棋を指す中年男性をよく見かけたものだ。

「どんな立場の人たちとも、将棋を通しては同じ盤の上で平等に勝負ができる。そこで垣根を超えた交流ができるのも、楽しさのひとつだと思う」(40代・女性)


昔から将棋は、コミュニケーションの場であった。女性や若者など新たな層が入れば、さらなる交流が広がるかもしれない。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)