『コンフィデンスマンJP』長澤まさみの振り切り演技に冒頭でハマる人続出

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世のフュージョンと、江口洋介の悪役っぷりに大盛り上がり

9日夜9時より『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の初回が、30分拡大で放送された。

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世のメインキャスト、脚本・古沢良太という話題作は、開始早々にハマる人が大量発生する盛り上がりを見せた。

■ゴッドファーザー編

長澤まさみ
(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』

天才的な頭脳と抜群の集中力で、どれほど難解な専門知識も短期間でマスターしてしまうコンフィデンスウーマン=信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)は、高級ホテルのスイートルームに居を構え、破天荒な上に天然で、いい加減なところもある女性。

そんなダー子と組むのは、お人よしで小心者、いつもダー子に振り回されるため、早く足を洗って真っ当に生きたいと願っているボクちゃん(東出昌大)と、超一流の変装技術を持ち、生まれながらの品の良さを生かして相手を騙すリチャード(小日向文世)の二人だ。

江口洋介
(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』

今回、ダー子がターゲットにしたのは、公益財団『あかぼし』の会長・赤星栄介(江口洋介)。表の顔は文化芸術やスポーツの振興、慈善事業に勤しむ名士だが、実際は経済ヤクザとして暗躍し、日本のゴッドファーザーとも呼ばれる男。赤星は何よりも仲間を大切にし、そのファミリーは鉄の結束で結ばれているため、かなりハードルは高い。

長澤まさみ,東出昌大
(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』

そうした中、ダー子は国税庁からマークされている赤星が、莫大な現金資産を海外に持ち出そうと目論んでいると推測。貨物船舶の船長に扮したリチャードを赤星に接触させる。ところが、何故かその正体がバレたリチャードは瀕死の重傷を負い、病院に収容されてしまう。詐欺師稼業を辞めてダー子のもとを離れていたボクちゃんは、知らせを受けてリチャードの敵を討つと決意。ダー子と共に赤星を騙すための作戦を立てるが…。

 

■メイン3人のキャラが最高!

オリジナル作品の第1話ということで、長澤、東出、小日向がどんなキャラクターなのか注目する人が多かったが、3人それぞれに絶賛の声が上がった。

各キャラ説明を含む、公式Twitterの投稿と共に紹介しよう。

まずダー子役の長澤には、美しさやさまざまなコスプレを楽しむ声も続出したが、

https://twitter.com/yashu1115/status/983338564225155073

「振り切ってる」キャラに魅了される人がとにかく多かった。

 

ボクちゃん演じる東出には、冒頭のホスト役・心人(ハート)のネーミングに爆笑し、チャラいコスプレも好評だったが、

ヘタレキャラがみんなの心を鷲掴みにして、「かわいい」言われまくり。

 

そして、リチャード演じる小日向は、「コヒさん目当て」の声も少なくない上に…

https://twitter.com/mts_nekoha/status/983336864726708224

https://twitter.com/mochimarimo/status/983320831236255747

https://twitter.com/ajtgpdmwptwgjm2/status/983331030399512577

東出に勝るとも劣らない「かわいい」を獲得している。

次ページ
■冒頭でハマる人が続出

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ