山本美月『モンテ・クリスト伯』ディーンの過酷な囚人姿に「泣けてきた」

『モンテ・クリスト伯』でディーン・フジオカ演じる柴門暖の監獄での姿に…

 

■生々しい話が続出

会見ではさまざまな質問やクロストークが繰り広げられる中で、かなり「生々しい」コメントが飛び出す場面も。

大倉忠義
(『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』会見より)

大倉は自身の役が、売れない役者からものすごく売れている役者に変化している設定で、

「僕が普段、街を歩いているよりも、お芝居している時のほうが『あ。本物だ』とか、すごい言われるんで、なんか複雑な気持ちですね。もっと普段チヤホヤされてもいいのになぁって」


と、嘆き節。

主人公・暖が全てを奪われることから、「共演者から奪いたいもの」を質問され、

ディーン・フジオカ
(『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』会見より)

ディーンは「克典さんの包容力が、僕はすごいカッコいいなって思っていて、話していてすごく“包まれてる”感じを奪ってやりたいですね」と言うと、

高橋克典
(『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』会見より)

それを受けた高橋は、「いつでも抱きしめてあげるからね!」と、空中にハートマークが見えそうな笑顔で答えて、会場を沸かせていた。


 

■新井が、さらに生々しい話に

新井浩文
(『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』会見より)

「正直ここでは、言えないですよ」と、新井は生々しい話になるのを避けようとしたが、

「去年ずっと1年くらい、某缶コーヒーのCMをやってて、契約終了したんですよ。次、誰がやってんのかな? って思ったら、美月ちゃんやってて。『あー。これ、盗られたのかなー』って思って。(笑)


なんか美月ちゃん、いっぱいCMやってるから、1本いただきたいですね」



山本美月,新井浩文
(『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』会見より)

思わぬ展開に、山本は「奪ってないですよー」と大笑い。

新井は結局、司会のフジテレビアナウンサー・宮澤智にも、「ちょっと生々しい」とツッコまれていた。


山本美月
(『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』会見より)

そんな生々しい話が飛び交う流れの中、「復讐したいと思うこと」を質問された山本は、

「このドラマにまだ興味を持っていない人に対して、オンエアをもって復讐したい。おもしろいから」


と作品の仕上りへの自信を覗かせ、会場からは拍手が沸き起こる。

ディーン・フジオカ
(『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』会見より)

会見の最後には、主演のディーンが

「歴史に残る名作『モンテ・クリスト伯』を現代の日本を舞台にして繰り広げる復讐劇。みなさんの想像を超えるドロドロで、驚きの展開が待っているので、リアルタイムで観てほしい」


と締めくくり、会場の多くのファンにそのアピールは届いたようだ。

・合わせて読みたい→「ヅラだったんですか!」 山本美月の投稿した動画に驚くファン続出

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

この記事の画像(13枚)

あなたにオススメ