南キャン山里、『スッキリ』スタッフとの確執再燃 マツコ「声だけの出演もういい」

『毒出しバラエティ 山里&マツコ・デトックス』で南キャン・山里亮太が『スッキリ』ディレクターとの確執続報を語るとマツコ・デラックスは…

エンタメ

2018/04/18 10:00


 

■視聴者も大盛り上がり

テレビで業界への不満を口にする2人の姿は、視聴者にも突き刺さったようだ。


関連記事:南キャン山里、猛省 出演の『ひねくれ3』制作陣に「不満を言い過ぎた」

 

■番組構成には批判も

今回から山里だけでなく、ゲストに岩下尚史やずん・飯尾和樹らを招き、毒を吐き出させる番組構成に変更。好評の意見もあったが、「山里の毒」を楽しみにしていた視聴者層からは批判が起きている。


■3割が「仕事仲間とは友達になれない」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の有職者644名を対象に調査したところ、約3割が「仕事仲間とは本当の友達になれないと思う」と回答した。

山里も誰にでも毒を吐くわけではない。自身のラジオ番組『不毛な議論』(TBSラジオ)のスタッフとは懇意で、仲の良い関係性を築き上げている。

だからこそ、余計に『スッキリ』などのスタッフへの怒りが本気だと感じられた放送となった。

・合わせて読みたい→南キャン山里、豪華芸人集結の『ドリームマッチ』出演に苦悩 「俺のツッコミは…」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の有職者644名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)