黒柳徹子の「不良娘」連呼にも注目? 木下優樹菜の「母への感謝」に共感の声

『徹子の部屋』に木下優樹菜がゲスト出演。娘を持ち知った「母の愛」を語った。

エンタメ

2018/04/27 16:30

27日放送のトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に、モデルでタレントの木下優樹菜(30)がゲスト出演。木下が、娘を持ち知った「母の愛」について語った。


 

■「母の愛」

番組は木下の出産や子育てに関するエピソードを中心に展開。出産直後に体重が18㎏増えた話や、5歳と2歳の娘とのやり取りが紹介された。

そのなかで、木下と母親との関係性の話題に。中学時代はやんちゃで、いわゆる「ヤンキー」だった木下。

家出を繰り返す木下を心配し電話をかける母親に「ウザイから(電話を)かけてこないで」と突き放すなど、母親にも相当きつく当たっていたそう。

そんな木下がお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史(47)と結婚し、娘を出産。はじめての子育てには精神的に追い込まれるくらい苦労したという。

そのときに、夫の藤本から「こんな大変な思いをして優樹菜のことを育てたのに、(母親に)あんな酷い言葉とかを浴びせてたのはどう思う?」と言われ、母親への感謝と申し訳ない気持ちを抱いたと語る。

木下自身が母親になってはじめて気づいた「母の愛」には、司会の黒柳徹子(84)も「本当にありがたいですね」と深くうなずいた。


関連記事:木下優樹菜、新婚旅行で修羅場に フジモンパニックで夜の海にダイブ

 

■木下の言葉に共感の声

木下の母親との話には、「お母さんになってお母さんの気持ちがわかるって言葉に共感した」との声がネットでは見られた。

また、木下が番組で話した、「子供から教えてもらえることが多い」という意見に励まされる人も。

https://twitter.com/2u3f_n/status/989713972071878662

次ページ
■黒柳へのツッコみの声も

あなたにオススメ