収入を上げるための努力ってなに? 若い世代からは諦めの声も…

収入アップのための努力とは、いったい…

ビジネス

2018/05/03 18:00

収入を上げるために努力
(©ぱくたそ)

「今よりも収入が上がれば、少しは楽になるのに…」と思いながら、仕事をしている人も多いはず。しかし、実際になにか行動をしている人は、あまりいないのかもしれない。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代有職者の男女666名に「仕事について」の調査を実施。

「収入を上げる努力をしているほうだ」と答えた人は、35.1%であった。どのような努力で、収入がアップするのだろうか。



 

■20代は諦めている人も

年代別では、20代が唯一3割を切っている。

収入を上げるために努力年代別グラフ

諦めのような意見も多く上がっており、若い人たちの意欲が上がらない状況は問題である。

「最初の頃はやる気もあったけど、今の会社に居続けてもドーンと給料が上がることはない。専門的なスキルがあるわけじゃないから、転職して逆転も期待できないだろうし…」(20代・男性)


今の状況で、満足をしている人も。

「今の給料は良くもないんだろうけど、なんとか生活できているから不満はない。結婚すればきついけど、そんな予定も願望もないから」(20代・男性)


関連記事:自営業は自粛で客が来ず… 3割強が「新型コロナで収入が減少」

 

■年功序列ではどうにも…

会社員は努力しても、給料が上がらないとの声も。

「どうやったら、収入が上がるのかわからない。うちはまだまだ年功序列だけど、かといって長くいても上がる給料額もしれている」(30代・男性)


上司との関係が収入に影響をするのも、難しいところである。

「人事考課なんて、上司のさじ加減だけな気がする。がんばった分だけ評価される感じがしないのが、つらいところ」(30代・女性)


■自営業は努力をしないと…

会社員と商工サービス自営を比べると、約15ポイントの差が見られた。

収入を上げるために努力傾向別グラフ

両者では、置かれている立場が違いすぎるのだ。

「自営業や自由業は、自分で考えるのを止めたら収入がなくなる。ただ会社員で認められて収入がアップしても、どうしても上限がある。とことん上を目指せるのが、自営業の魅力。


もちろん下も決まっていないから、収入がゼロなんてことも考えられるけど…」(40代・男性)


高収入を得るには、独立などの大きな勝負に出るしかないのかも。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代有職者の男女666名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)