しらべぇ

『ブラタモリ』伊豆で天城越えのルーツを辿る 『世にも』連続出演で「タモリ祭り」と話題に

『ブラタモリ』(NHK)放送後に『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)が放送され、タモリがどちらにも出演していることからネットで話題に。

エンタメ 地域

タモリ

12日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、タモリと林田理沙アナウンサーが伊豆半島を訪問。

今回のテーマとなる「天城越え」とは、かつて伊豆の北と南を行き来するために、天城の険しい山道を越えることであったという。

 

■天城越えのルーツをたどる

天城越えの道は現在、伊豆の南北を繋ぐドライブルートとして人気。そのスタート地点は、伊豆を代表する温泉地の湯ヶ島。江戸時代は宿場町として栄えた。

その後の明治以降は人気温泉街として栄え、当時は川端康成や井上靖といった文豪達が、隠れ宿で執筆をするために訪れていた地だったという。

タモリ一行は、そんな湯ヶ島で天城山の生まれた秘密が分かる隠れ宿を訪問。

そこは、石川さゆりの大ヒット曲の『天城越え』が誕生した宿で、作詞家の吉岡治と作曲家の弦哲也が3日間滞在し、道を歩きながらその曲を作り上げた場所であった。

 

■世にも奇妙なブラタモリ?

なお、12日、ブラタモリの放送終了後には、タモリがストリーテラーを務める番組『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)が放送。

ネットでは、タモリがブラタモリと世にも奇妙な物語に連続して出演することから、2つの番組名を合わせて「世にも奇妙なブラタモリ」として話題になり、「タモリ祭りだ」などと興奮の声が多く上がった。

 

■タモリが断トツで1位

しらべぇ編集部では、全国20代~60代のバラエティ番組を見たことがある人1,209名 に「最も信頼できるバラエティ番組のMC」を調査。

結果は、タモリが20.5%と断トツで1位となった。なお、2位は12.8%の明石家さんまで、3位は8.9%の内村光良。3人とも各局で司会を担当する番組がいくつもあるため、出演する度に人々の目に触れることが多い人物ともいえる。

1位となったタモリだが、もはやブラタモリにも世にも奇妙な物語にも絶対欠かせない存在かつ、視聴者の中ではタモリが番組のイメージとなっているに違いない。

・合わせて読みたい→タモリと鶴瓶が「一富士・二鷹・三茄子」のルーツを探る 『いいとも』を連想する人も

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代のバラエティ番組を見たことがある人1,209名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu