BBQマニアが語る 住宅街で絶対にバーベキューをしてはいけない4つの理由

バーベキューマニアが語る住宅街でバーベキューをしてはいけない理由

 

③子供や車が近くを通ると危険


「バーベキューは熱した炭を使いますし、子供が近くを歩いてBBQコンロに触ってしまった場合、思わぬけがをすることも。


また、私道にまでタープやテントを張る人もいますが、車が通る道が狭くなり非常に危険です。サイドミラーがコンロに当たって炭が飛び散ったら、大参事になる可能性もありますよね」



関連記事:車の屋根に乗った男性が下敷きで死亡 飲酒後の「悪ノリ事故」に呆れの声

 

④ホットプレートと味が変わらない


「バーベキュー場やキャンプ場でやるバーベキューって、周りの景色や雰囲気があってこそ美味しいんですよ。家の前でそんな雰囲気楽しめます?


炭を使っているから美味しく焼ける説もありますけど、住宅街でやる簡素なバーベキューで使う炭は安いマングローブ炭なので、本格的な備長炭を使ったバーベキューとは違います。炭に水分が残っているし、ガスやホットプレートでやる焼肉と味はほとんど変わらないですよ」



■バーベキューはバーベキュー場で

確かにマニアの言うとおり、近所迷惑になるぐらいならわざわざ家の前でバーベキューはせず、ホームパーティーや近くのファミレスで会合を楽しむべきだ。

迷惑になるだけでなく危険も多くはらんでいる住宅街でバーベキューはせず、キャンプ場やバーベキュー場へ行き、料理だけでなく雰囲気を楽しみつつバーベキューをしたほうがよさそうだ。

・合わせて読みたい→鼻歌でマウンティング… 木村多江が「狂気の沙汰」『あなたには帰る家がある』

(文/しらべぇ編集部・熊田熊男


あなたにオススメ