サッカー日本代表・乾貴士の「セルジオ越後さんめっちゃ嫌い」発言に騒然

『ダウンタウンなう』にサッカー選手の乾貴士がゲスト出演。持ち前のおしゃべりな性格を生かし、ぶっちゃけトークで場を盛り上げた。

乾貴士
乾貴士(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

20日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ・関西テレビ系)にて、恒例の「本音でハシゴ酒」企画が行われた。ダウンタウンと坂上忍、飲み友達の峯岸みなみ(AKB48)がゲストと酒席でトークを繰り広げる。

1軒目ゲストには、サッカー日本代表の乾貴士(ベティス/スペイン)が緊急参戦。FIFAワールドカップ・ロシア大会で2ゴールを挙げ一躍時の人となった乾が、代表の裏側を明るくぶっちゃけた。

 

■「ハリル解任は逆に良かった」

国民の期待をほとんど得られずに臨んだロシアW杯で、見事に下馬評を覆した西野ジャパン。不可能と言われた決勝トーナメント進出を果たし、優勝候補ベルギー(最終順位は3位)を相手に互角の戦いを演じてみせた。

大会前にはヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の電撃解任や強化試合での惨敗などもあった。逆風の中で、選手は何を感じていたのか。「チームの雰囲気はどうだったんですか」と坂上が尋ねると、乾は「逆に良かったです」と笑顔。

「自分たちが何とかしないといけない覚悟が生まれた」と話し、乾個人としても「ハリルさんなら俺は選ばれてないと思います」と、出場機会を与えてくれた西野朗監督への感謝とも取れる発言をした。

実際、西野体制に変わった当初も乾はサブ組だった。ポテンシャルの高さには疑いの余地がなかったものの、ケガの影響などもあり交代要員になるだろうと見られていた(関連記事:本田、香川、長友、あとは… サッカー日本代表の選手、何人知ってる?)。

しかし実戦でのパフォーマンスを重視した勝負師・西野監督は、本番で思いきって乾をレギュラー起用。これが当たり、世界を驚かせるファインゴール2発を生むこととなったのだった。

 

■FIFAが選ぶ「世界を驚かせた5選手」

大会後、国際サッカー連盟(FIFA)は、大会を通じて「世界を驚かせた5選手」を選出。

イングランド代表のキーラン・トリッピアー(トッテナム/イングランド)、ロシア代表のデニス・チェリシェフ(ビジャレアル/スペイン)、デンマーク代表のカスパー・シュマイケル(レスター/イングランド)、コロンビア代表のジェリー・ミナ(バルセロナ/スペイン)と並び、乾が選ばれている。

これは大会前からスターとして君臨していた選手ではなく、この大会で「予想を裏切って」大活躍した5名を、FIFAが公式に発表したもの。ここに日本人選手が入っていることは快挙と言ってもいい。

日本人からすれば、今大会で乾が輝いていたのは自明だ。そんな乾に加え、香川真司(ドルトムント/ドイツ)や柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)、昌子源(鹿島アントラーズ)らが「日本の目指すべきサッカー」の理想型を垣間見せてくれた。

これを海外の、しかもFIFAが公式に認めてくれたという事実は、日本人として大いに誇りに思っていいところだ。

次ページ
■ポーランド戦を「子供たちに見せたい」

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ