しらべぇ

ダイエットせずに減量!? 超簡単に無理なく体重を減らす方法とは

運動や食事制限をせずに体重を減らす方法とは?

ライフ

(Rostislav_Sedlacek/iStock/Thinkstock)

「もう、つらいダイエットはしたくない…」「簡単に体重を減らすことができたらいいのに!」と思っている女性は多いはず。体重を増やすのは簡単だが、減らすのは大変なもの。

 

■今の体重に満足してる?

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,343名を対象に「体重」について調査したところ、「今の体重が理想通り」と回答した人は、わずか20.8%という結果に。

これから露出が多くなる夏に向けて、特に自分の体重・体型が気になるところ。ダイエットはつらく、体重が減るまでには時間がかかる…そんなイメージが強い。

しかし、ダイエットをしなくても体重を減らせる方法があるという。一体どんな方法なのだろうか。

 

■測り方と場所が重要

実は、体重は測り方や場所で変わるのだ。

絨毯や畳のような柔らかい場所は沈み込みがあるため、重みを吸収してくれる。一方、フローリングなどの硬いところで計測すると、重い数字が出やすい。

これは沈み込みにより、均一ではなくなるため正確に計測できなくなることが原因だ。素材によっては、2〜3キロもの違いが出るそう。

また、測る地域によっても体重に変化が出るのだ。2002年〜2012年に放送されたバラエティ番組『トリビアの泉』(フジテレビ系)では…

「東京で58.60kgだったマネキンを体重計と一緒に北海道へ持って行くと、58.65kg、沖縄に持って行くと58.56kg。さらに、赤道に近いシンガポールに持って行くと58.50kgになった」

 

という事実が紹介されている。ではなぜ、地域によって体重差が出るのだろうか?

 

■赤道が関係?

それは「赤道」が関係しているという。地球は回転により遠心力が働き、地球の中心に吸い寄せられる。それより生じる「体の重さ」は、赤道に近くほど軽くなるのだ。

日本では、最も赤道に近い沖縄で計測すると、一番軽い数字が出る。赤道直下の国であるブラジルやモルティブ、インドネシアで測ると、地球上で最軽量の数字が出るとのこと。それらの国へ行ったら、思わず体重が測りたくなってしまいそう。

反対に体重を増やしたいなら、北極や南極がいいらしい。ダイエットせずに体重を減らしたい人は、場所や方法を変えてみてはどうだろうか。

・合わせて読みたい→「シンデレラ体重になりたい!」 痩せすぎを目指す女性に心配の声

(文/しらべぇ編集部・鎌田 真悠子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,343名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu