「日光で調理」「自家発電」 東京・立川で6年間も電気代0円で生活する女性がスゴすぎる

『沸騰ワード10』で「6年間電気代ゼロ円」生活をする女性に密着!

節約、女性
((C)ぱくたそ)

10日放送『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で、東京都立川市で「電気代0円」生活をする女性に密着。年間13万円もの節約に繋がる驚きの生活ぶりが明かされ、大きな反響が起きている。


 

■街の変わり者・藤井さん

「街の変わり者に会いに行く」ロケ企画、リポーターのアルコ&ピース・平子祐希(39)は、立川の団地に住む女性宅を訪れるが、「使用できませぬ」と張り紙されたインターホンを見て「2クセある」といぶかしむ。

実はこの団地にお住いの58歳女性・藤井さんは、6年間「電気代0円」生活を続けている「変わり者」。

涼をえるのは、水を点滴のように落とし蒸発する際の気化熱を利用した「ぽたりん」という道具。エアロバイクで自家発電し最低限の電気をカバーするなど、その生活は徹底している。


 

■電気のない生活

炭を使った昔のアイロン、砂と水を詰めた植木鉢が冷蔵庫替わり、手動の洗濯機、発泡スチロールを使った保温ボックスなどを活用し電気代ゼロ円で生活する藤井さん。この生活を維持するため、「第二種電気工事士」の資格も取得している。

日々の食事にも電気・ガスを使わない。銀色のレジャーシートを加工した器具で日光を集め鍋やフライパンを加熱、「炊飯」から「調理」まで行う。この方法なら曇りや冬でも調理可能だと明かされた。

次ページ
■0円生活のきっかけは…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ