資格がなくても大丈夫!? 「覚えてないなら意味がない」の声

資格よりも、実務経験?

ビジネス

2018/08/19 21:00

(heyfajrul/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

就職や転職には、資格があれば有利と言われている。一方で「資格よりも実績」と考えている人が多くいるのも事実だ。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に「資格について」の調査を実施。

「資格をひとつも持っていない」と答えた人は全体で24.3%と、4人に1人はいることが判明。資格がない人は、意外に存在するのだ。


 

■実務経験のほうが大切

性年代別で見ると、30代以上では女性より男性の割合が高くなっている。

資格を持っていない性年代別グラフ

資格より、実務経験が大切との声も多い。

「今の職場でなんとかやっているので、新しくなにか取ろうと思わない。持っていたところで、実務で生かせていなければアピールにならないと思うし」(30代・男性)


関連記事:ファミレスで乳児の泣き声に怒る男性 店員の「皮肉な一言」でスカッと展開に

 

■資格を取っても勉強したことを忘れている

その場しのぎで資格をとっても、忘れていては意味がない。

「『マイクロソフトオフィス スペシャリスト』をかなり前に取っているけど、会社ではワードもエクセルも簡単なことでしか使わない。


試験のために覚えたことも、使わないから忘れてしまった。転職するときに、履歴書に書くのが怖いくらい。また覚えればいいのだろうけど…」(30代・女性)


履歴書を埋めることばかり意識するのは、考えものだとの意見も。

「履歴書を埋めるために、どうでもいいような資格をいっぱい取るのは意味がないと思う。履歴書に書いて注目されるのは、よほど難易度が高いか、その会社にマッチしているものくらいだろうから」(40代・男性)


■資格を持っていないなら履歴書にはどう書くか

取得した資格を、あえて履歴書に書かない人もいる。

「『秘書検定3級』を持っているけど、これを書いても転職で有利にはならないと思う。このレベルの細かい資格は、書いていない人が多いと思う」(40代・女性)


資格を持っていない場合、履歴書にはどう書けばいいのだろうか。

「素直に『特になし』で問題ないと思う。資格がない部分を、他のことで埋めればいい。そのために、職務経歴書があるのだから」(40代・男性)


自分がその分野で、どれほどの知識があるのか表すのが資格である。数があれば、いいわけではないのだ。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,357名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ