8人死傷の奈良バイク事故 少年少女らの死因が判明し悲鳴が広がる

人数制限を軽くオーバーした乗車に、ヘルメットをつけない行動が、悲劇を招いた。

社会

2018/09/05 13:00

バイク転倒
(chameleonseye/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

当サイトでもお伝えした、奈良市の国道24号でバイク3台が転倒し、14~18歳の少年少女のうち、6人が死亡、2人が重傷を負った事故。

なんとも悲惨なこの事故だが、奈良県警がこのたび、判明した死因を発表。その痛々しさに、ネットでさらに悲鳴が広がっている。

 

■失血死3人、左右肺挫傷2人、脳幹出血1人

県警の発表によると、少年少女らの死因は以下の通り。

・県内の公立高校3年の男子生徒(17)→失血死

 

・同・男子生徒(18)→失血死

 

・県内の公立中学3年の女子生徒(14)→失血死

 

・大阪府の私立高校3年の男子生徒(17)→左右肺挫傷

 

・県内の公立高校3年の男子生徒(17)→左右肺挫傷

 

・県内のアルバイトの男性(18)→脳幹出血

 

現場周辺の防犯カメラには、複数人が乗っているとみられる走行中のバイク3台が写っていた一方で、事故現場では2つのヘルメットしか確認されておらず、彼らはノーヘルでバイクを運転していた可能性が非常に高いとみられている。

 

■悲鳴が相次ぐ

この報道に、ネット上では悲鳴が相次ぐことに。

・痛そうだな…

 

・動脈を切ったんだろうか

 

・予想してた死因ではあるけど、痛々しいね

次ページ
■「自業自得」と厳しい声も

あなたにオススメ