男性の2人に1人がガーターベルト好き? 「セクシーに感じるか」を調査した結果…

欧米では「愛の象徴」として、結婚式に「ガータートス」をする模様…

男女

2018/09/19 08:30

ガーターベルトキャッチ
(Alter_photo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

毎日、欠かさず身につけるランジェリー。昨今では機能性に加えてお洒落も求めれる「魅せる下着」も店頭に並んでいる。 そんな中でも異色の雰囲気を放つ「ガーターベルト」。

大人の女性が身につけているイメージがあることから、大切な日には「勝負下着」として身につける人も少なくないだろう。


画像をもっと見る
 

 

■約6割の男性はガーターベルトがお好き

しらべぇ編集部が、全国の20〜60代の男性750名を対象に調査したところ、6割の男性は、女性がガーターベルトをしていると、セクシーに感じることが判明した。

ガーターベルトグラフ1


関連記事:キムタクとマツコの餃子の食べ方がヤバすぎる 「病院に行ったほうがいい」の声も

 

■30・50代は、ガーターベルト推し

この、ガーターベルト推し男性を年代別に比較すると…

ガーターベルトグラフ2

30・50代では6割超えという結果に。80年代以降パンティストッキングが普及し、「ガーターベルト」愛用者が減っていった。切り替えの間にいた、この年代にとって稀に見られる「特別な下着」だったとも推測される。

一方で、異性に関心が高そうな20代は5割を下回った。実物を見たことがある男性が少ないせいか、他の年代と比べてそこまで魅力を感じていないのだろうか。


■欧米では結婚式に「ガータートス」

結婚式でおなじみのブーケトスだが、欧米では独身男性向けのイベントとして「ガータートス」が行われ、結婚式最大の盛り上がりをみせるといわれている。

新郎が、新婦のウェディングドレスに頭や腕をいれてガーターを外し、独身男性の集団めがけて投げ、ガーターを受け取った男性は次に結婚できるというイベントだ。

その後、「ブーケトス」でブーケを受け取った女性に履かせるというイベントに続き、そこから「新たな恋」が生まれることも、しばしばあるとか。


何かと「セクシー」」「エロい」といった目で見られがちなガーターベルト。 ガーターベルト推しが多い国、日本で「愛を確かめあうツール」として、ガータートスが流行するのも時間の問題なのかもしれない。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2014年6月25日(水)~6月27日(金)
対象:全国20代~60代 男性ユーザー計750名

この記事の画像(3枚)