品川祐、「嫌われ者代表」のはずが今や知られてすらいない?  衝撃の知名度が露呈

『アメトーーク!』にて、「ありがとう品川」企画が行われた。

 

■好き嫌い以前に「知らない」

10代の女性2人連れを呼び止めた出川が「品川庄司の品川くん、分かりますよね?」と尋ねると、2人は「え、分かんない。すみません」と苦笑いで返す。「ええー!?」と出川は驚愕の表情を浮かべた。

さらに福島県から修学旅行で来ていたという中学生の集団にも突撃。出川の姿に興奮する中学生たちだったが、「品川くんを好きな人、手を挙げてください!」と出川が促すと、「え、誰?」「知らない」と困惑の反応。

これには出川も大いにショックを受け、「ウソだろ! マジなの?」と表情を曇らせる。しまいには「ちょっと待ってー!」とその場に膝から崩れ落ちてしまった。

そんな彼らだが、品川の写真を見せると「あー! 知ってる!」と反応が一変。名前は知らなくても、存在は認識できているということだ。「なんで名前を覚えてないの?」と素朴な疑問をぶつけると、「なんか、印象薄い」とミもフタもない回答が返ってきた。


 

■理解者もいないわけではない

その後、20代以上を含む幅広い世代に同じ質問を繰り返した出川だったが、「好き」が8名、「嫌い」が12名に対し、「知らない/興味ない」が53名と圧倒的な数字に。好き嫌い以前に、興味すら持たれていないという残酷な事実が浮かび上がった。

唯一の救いとなったのは、そんな取材の中で出会った25歳の女性だ。彼女は品川のことを「好きです」と笑顔で断言。「すごく空気を読んでいらっしゃって、アイコンタクトだけでトークをうまく回している」と的確な分析を披露し、出川を狂喜させた。

「テレビ観てるだけで、それが分かる?」との出川の問いには「分かりますよ。(周りの出演者との)信頼関係があってこそですよね」と本質を捉えた回答。「素晴らしい、分かってらっしゃる!」と出川は固い握手で感動を伝えた。

次ページ
■バカリズム、致命的な総括

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ