松本人志、南青山児相建設反対は的外れと指摘 「米軍基地じゃあるまいし」

なぜそこまで反対するのかに違和感を持つ意見が番組メンバーでも占める。

エンタメ

2018/10/21 14:00

松本人志

21日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、南青山に建設予定の児童相談所を巡る問題が取り上げられた。


 

■児相建設の説明会が紛糾

2021年4月に完成予定であり、総事業費100億円以上とされる児童相談所建設の説明会で反対派が辛辣な言葉を投げかけたことが報道され、関心を集めている。以下は、反対派の発言の一部。

「なぜ、法に触れるような触法少年の施設を作らなきゃならないか」


「このあたりのランチ単価が1600円」


「港区の価値が下がる」


「田町なんか広いとこいっぱいあるじゃん」


参加者100人のうち反対派は10人ほどでごく一部だが、強烈な発言ばかりである。担当者は説明を続けていくという。虐待相談の対応件数は2017年度で全国13万件を超えて過去最多の現状がある。


 

■古市憲寿、児相建設反対派に違和感

今回の騒動にコメントを求められた古市が、児童相談所が足りない実態を語り始める。

「人口比でいえばイギリスの半分ぐらいしか無くて、児童相談所の数は全然足りない。だから増やしていくべき時期で、今までは東京都のくくりでしか作れなかったのが、特別区でも作れるようになった。


それで港区が作ろうとして、ようやく見つかった土地がここだった。港区もわざわざ高いところに作ろうとしたわけではない。


それを反対するのは何か。素行の悪い少年との言葉がありましたが、基本的には虐待にあった子供たちが緊急避難的に使う場所。


東京都には、南青山の他に10箇所の児童相談所がありますが、近隣住民からの反対はあまりない。誰かが焚き付けて反対運動を起こしたように見える」


地元住民の総意と呼ぶには、確かに少数過ぎる意見である。「田町にしろ」発言に対して的場浩司が「田町の人に殴られますよ」と不快感を露わにする場面も。

次ページ
■ネットでは反対派の意見に怒る人ぞくぞく

あなたにオススメ