おぎやはぎ矢作兼、芸人ドラフト会議を「勉強になる」と絶賛 養成所カリキュラムにも採用?

『アメトーーク!』にて、「第6回芸人ドラフト会議」企画が行われた。

2018/10/26 11:40


 


 

■出川と陣内は相思相愛

各指名者は、仮の冠番組名も考案。矢作は『矢作がずっと笑ってる!』、三村は『三村マサカズの50チャン!』、出川は『哲ちゃんのお通りだい!』、陣内は『今夜はジンナイト!』と、それぞれ命名した。

早速指名が開始されると、第1巡選択希望選手には矢作が川島明(麒麟)を、三村が山崎弘也(アンタッチャブル)を、出川が陣内智則を、陣内が出川哲朗をそれぞれ指名した。

出川監督と陣内監督が互いを1位指名するというまさかの展開に、思わず2人は固い握手を交わす。陣内は「(指名されるの)気持ちいい! 家で観てたかったー!」と大興奮し、出川も「超ドキドキしてる!」とご満悦。

すると、すかさず有吉が「どっちも6位で獲れるだろ」と氷のようなツッコミで水を差した。


関連記事:「ドラフト会議」大阪桐蔭・根尾選手を4球団競合で中日が交渉権獲得 「素直に喜べない」の声も

 

 

■サプライズ指名は?

2011年に行われた同企画では、後藤輝基(フットボールアワー)がノブ(千鳥)を3巡目で指名している。今でこそ押しも押されもしない大スターとなった千鳥だが、当時の全国的な知名度はほぼ皆無だった。

今回もそういった、のちのスターをサプライズで指名する「隠し球」は見られるのか。まず、2巡目では矢作がいとうあさこを指名。意外性はあるが、すでにお茶の間にはすっかり知れ渡っているいとうだけに、サプライズとまでは言えないだろう。

5巡目では、出川がデヴィ夫人ことデヴィ・スカルノを、陣内が中村仁美をそれぞれ指名。これも意外性はありながらも、2011年当時のノブと違い「誰?」という存在ではない点が惜しまれる。

また、陣内の指名を聞いた三村は、「あー、(中村を)獲っときゃ話題になったなー!」と悔やむ。中村の夫である相方・大竹一樹にも「もし俺が単独の番組持ったら(中村を)使うよ」などと言い続けているのだそうで、それだけに「こういうときに思いつかなかったわー……」と痛恨の表情を見せた。

その後、矢作が6巡目で飯豊まりえを、三村が同じく6巡目で筧美和子を、陣内も6巡目で志尊淳を指名。総合的に見て、この6巡目が最もサプライズ色の強い指名と言っていい。そして8巡目まで指名が済んだところで、全番組が選択終了となった。


関連記事:おぎやはぎ、日村の淫行疑惑に言及 「事態は深刻なのかも…」と心配の声相次ぐ

 

 

■第6回芸人ドラフト会議結果

『矢作がずっと笑ってる!』

1位:川島明(麒麟)
2位:いとうあさこ
3位:小籔千豊
4位:津田篤宏(ダイアン)
5位:クロちゃん(安田大サーカス)
6位:飯豊まりえ
7位:加藤一二三
8位:飯塚悟志(東京03)


『三村マサカズの50チャン!』

1位:山崎弘也(アンタッチャブル)
2位:小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
3位:小木博明(おぎやはぎ)
4位:蛍原徹(雨上がり決死隊)
5位:伊集院光
6位:筧美和子
7位:佐藤栞里
8位:ふかわりょう


『哲ちゃんのお通りだい!』

1位:陣内智則
2位:滝沢カレン
3位:小峠英二(バイきんぐ)
4位:澤部佑(ハライチ)
5位:デヴィ・スカルノ
6位:鈴木奈々
7位:品川祐(品川庄司)
8位:袴田吉彦


『今夜はジンナイト!』

1位:出川哲朗
2位:高橋茂雄(サバンナ)
3位:ゆりやんレトリィバァ
4位:吉田敬(ブラックマヨネーズ)
5位:中村仁美
6位:志尊淳
7位:斉藤慎二(ジャングルポケット)
8位:尾形貴弘(パンサー)

・合わせて読みたい→おぎやはぎ、日村の淫行疑惑に言及 「事態は深刻なのかも…」と心配の声相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

有吉弘行アメトーークテレビ朝日おぎやはぎ矢作兼陣内智則雨上がり決死隊出川哲朗三村マサカズさまぁ〜ず芸人ドラフト会議スクールJCA人力舎
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ