ファン待望『謎肉丼』がついに全国発売 限定発売で1.6秒に1個売れた衝撃のうまさを体感せよ

あの伝説の『謎肉丼』がついに全国の店頭でデビュー! 見つけたら捕獲せよ!

グルメ

2018/12/02 11:30

謎肉丼

日清食品から、またしても世間をざわつかせる新商品が発売される。その名も『カップヌードル 謎肉丼』。じつはこの商品、「カップメシ」シリーズとして、オンラインストアで限定発売したところ、「1.6秒に1個」 販売し、あっという間に完売したという大人気商品なのである。

ファンからの要望に応えて、3日から全国発売するという朗報を聞きつけ、しらべぇ編集部は一足お先にいただくことに。

 

■謎肉って何?

「謎肉」とは、カップーヌードルに入っている、サイコロ状の肉のような具材のことを指し、その正体は長年謎に包まれていた。しかし、昨年「カップヌードル46年目の告白」と評し、

「謎肉の謎の正体、それは『大豆』であること。『謎肉』は肉と大豆由来の原料に、野菜などを混ぜて味付けしたミンチ。動物資源と植物資源を合わせた『謎肉』は来たる世界の食糧危機に対応した『近未来ハイブリッドミート』だったのです!!」

 

と明かされ、話題となったのをご存知だろうか。 独特の食感と味わいが癖になる謎肉がふんだんに使われているこの商品。期待値は高まってきた。

 

■ フリフリすると謎肉浮上

パッケージには、謎肉を担ぎ大行進をしながら喜びを表現する人々の姿が描かれており、なんとも華やかだ。早速フタを開けると…

謎肉丼

ライスの下に謎肉が華麗に沈殿。 よくよくパッケージを確認すると、「横にシェイク」の文字。

謎肉丼

どうやらカップをフリフリすると沈んでいる謎肉が無駄に浮かんでくるらしい。 そんなバカな…と思いながらも試しにフリフリ。

謎肉丼

うわ!なんか出てきた〜。本当に謎に浮かび上がってくるので、楽しくて思わずシェイクしすぎてしまった。 意外と謎肉が入っていることも確認でき、どんな味なのか楽しみだ。

 

■グルングルンにかき混ぜる

お湯を注いで待つこと5分。あけると、湯気とともにカップヌードルと胡椒のいい香りが漂ってくる。

謎肉丼

調理方法には、このあと「豪快にかき混ぜてできあがり」の文字。はやる気持ちを抑えつつ、勢いよくグルングルンにかき混ぜると、粉末スープとご飯が混ざり、いい感じに色もついてきた。

混ぜている最中に香る、胡椒の効いたスープの香りがたまらない。早速一口いただくと…

謎肉丼

想像していたよりもあっさりしていて、胡椒とネギが効いている。主役の謎肉もいい塩加減でご飯としっかりと味が混ざり、口の中で主張しすぎない優しい味わいだ。

記者は、謎肉が恋しくて定期的にカップヌードルを食べるのだが、一度にこんなにたくさん食べられるとは、なんて贅沢な一品だろうか。 個人的には、ここに卵を落としておじやのようにすると、「また違った味わいが楽しめるのでは?」と感じられた。

謎肉丼

少食の筆者には程よく、気づけば完食! 普段よく食べる人は2つ購入することをオススメしたい。このあと、こっそり食べた杏仁豆腐と、相性抜群だったことはここだけの話だ。

謎肉三昧のちょっぴりユニークなカップメシ。疲れた体に夜食の一品としてエネルギー補給してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→謎肉てんこ盛り! リッチなカップヌードル『贅沢肉盛り担々麺』を実食

(文/しらべぇ編集部・松野 佳奈

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ