採用時の条件は嘘だらけ 有給も取らせず38℃の高熱でも働かせるブラック企業の手口

勤務時間・賞与も嘘ばかり。残業代も払わず、むしろ手取り給与が下がり続けるという恐怖のブラックエピソード。

社会

2018/12/29 12:00

風邪
(metamorworks/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

就活や転職の際、給与や賞与、勤務時間などの労働条件は、もっとも慎重にしっかりチェックする人が多いだろう。働いてみると、多少のズレがあることは、ない話ではない。しかし、「まったくの嘘」だったとしたら…。

残業の証拠を自動で残せるスマホアプリ「残業証拠レコーダー」を提供する日本リーガルネットワークには、そんな嘘だらけのとんでもないブラック企業の体験談が寄せられた。



 

■労働条件を偽った理由がひどい

M.A.さんは、都内企業に一般事務として入社した。

「『勤務時間は9:00〜18:00、週1回程度土曜出社あり、賞与年2回』とありましたが、この全てが嘘でした。求人の嘘の理由は『本当のことを書くと労働基準法違反になるから』。


本当の条件は8時半出社、年に数回は7時45分前に出社しなければ遅刻扱いなのに、面接では『初日は8時半に来て。2日目以降は周りに合わせて』と指示されました。


朝礼は9時からでしたが、8時半始業で朝礼前から仕事を始めることを強制されるのが普通ではないことを辞めてから知りました」


関連記事:指原莉乃、美人サンタ姿がヤバすぎる 「目が怖い」「顔が変わった」と衝撃

 

■残業代も賞与も出ず

残業代も「年2回」と定められていたボーナスも、裏切られる結果となった。

「残業代が出るか先輩に聞くと、『残業代が出るなら他の人たちはかなりの高給取りになる』。早出手当も残業代もゼロで、ビジネスチャンスだと言っていた社長の言葉は嘘。入社した当時から赤字が続いていたため賞与も出ませんでした。


ちなみに賞与がもらえていた年は『賞与ありがとうございました』と日報に記載させられていたそうです。イベントでノルマを達成した人には”努力賞”として現金1万円を渡し、『努力賞ありがとうございました』と書かせていました」

次ページ
■私用での有給は不可

この記事の画像(1枚)