中村江里子、14歳娘の「ピアスあけたい」に反対 その理由に賛否が相次ぐ

14歳娘から「ピアスあけていい?」と聞かれたフリーアナウンサー・中村江里子。反対した理由は…。

中村江里子
(画像は中村江里子公式ブログのスクリーンショット)

フリーアナウンサーの中村江里子が22日に自身のブログを更新。14歳の娘から「ピアスの穴をあけたい」と言われ、反対したことをつづって物議を醸している。


 

■「ピアスの穴をあけたい」とお願いする娘に…

娘から「ママ、ピアスしたいの! 明日、穴、あけてもいい?」と言われたという中村。理由を聞くと、「だって、みんなピアスしているから。ものすごくかわいいの」とのこと。

ピアスの穴をあけることは賛成の中村だが、「みんながしているから」という理由に納得できなかったため「みんなって誰? なんでみんなと一緒じゃないといけないの?」「みんなと同じである必要性は全くないでしょう?」と告げ、娘の訴えに反対した。


関連記事:浜崎あゆみ(40)入浴シーンを公開し物議 「ヤバい」「さすがにちょっと…」

 

■人それぞれ素晴らしさをもっている

娘が理由にした「みんな」という言葉について「難しいですね」と中村。自身もかつてはその言葉を使っていたが、あまのじゃくな性格からか「みんなと同じものが欲しいとか、同じことをしたいという感覚はなかった」とつづる。

さらに、人はそれぞれ違う素晴らしさをもっているとし、そのことに自信をもってほしいと主張。周囲と違うことから意地悪されることもあるかもしれないが、子供たちには「あなたたちの素晴らしさをよ~くわかっているのは、あなたたちが大好きなママなのだから、こんなに心強いことはないでしょう?」と強気な発言もしているという。

次ページ
■ブログ投稿をめぐり賛否

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ