嵐の活動休止で再確認される「アイドル」の苦しみ ファンからは悲しみと感謝の声

嵐が2020年12月31日で活動休止することを発表。インターネット上では、「アイドル」という仕事の苦しさについて、悲しみと感謝の声があがっている。

エンタメ

2019/01/28 14:30

嵐

しらべぇ既報のとおり、国民的アイドルグループの嵐が2020年12月31日で活動休止することを発表した。インターネット上では、「アイドル」という仕事の苦しさを再確認したファンから、悲しみと感謝の声があがっている。


 

■大野「自由な生活をしたい」

嵐の活動休止という電撃発表がされたのは27日。ファンクラブサイトで、メンバー5人による動画がアップされ、リーダーの大野智(38)の口から、2020年12月31日をもって嵐が活動休止することになったとファンに告げられた。

大野は2017年6月、「2020年をもって自分の嵐としての活動を終えたい。20周年という区切りで、一度嵐をたたみ、5人それぞれの道を歩んでもいいのではないかと。また、勝手ではありますが、一度何事にも縛られず、自由な生活をしたい」と、メンバーに伝えたという。

そのあと、メンバーそれぞれと個別にも話し合いを重ね、今回の活動休止に至ったことを説明。「言葉では表せられないくらいの感謝の気持ちでいっぱいです」と、ファンに謝罪と感謝を伝えた。


関連記事:借金300万円を踏み倒し開き直る元芸人に怒りの声殺到 「クロちゃんがマシに見える」

 

■嵐が国民的グループと呼ばれるまで

嵐は1999年に『A・RA・SHI』でデビュー。そのあと、初の単独冠番組『真夜中の嵐』の流れを汲む『Cの嵐!』など、深夜帯の番組で地道な努力を続ける下積みの時代も経験している。

そして、デビューから8年経った2007年にグループ初のドーム公演を開催した。この日数もジャニーズのグループとしては、コンサートの集客に苦労していたことが窺える。しかし、そのあとの躍進は、今の彼らの活躍を見れば、言わずもがなだろう。

次ページ
■ネットでは感謝と悲しみの声

あなたにオススメ